Appleユーザーが見たアジア電脳紀行その1 - 越境SIMで4カ国を便利に旅行

Appleユーザーが見たアジア電脳紀行その1 - 越境SIMで4カ国を便利に旅行

画像提供:マイナビニュース

台湾の「COMPUTEX TAIPEI 2017」に行ってきた記事はすでに掲載されているが、今年はそれに加えて香港〜深?(中国)〜マカオにも行ってみた。各国のデジタル、モバイル事情はどうなってるのかをレポートしてみたい。その1は今回の旅行で使ったSIMについて。

○越境SIMで楽々モバイル環境

毎年、台湾に行くと現地のプリペイドSIMを買ってiPhoneに挿して使うのが当たり前になってきていたが、気になるのはそれを買うのにかかる時間。人が少ないときはいいが、着便が重なってしまうとSIMを買うにも行列ができてしまい、入国手続きと合わせて空港に2時間以上いることもあるほど。しかも今年は実質4カ国も回るわけで、そのたびにSIMを買う手続きをするのは煩わしい……。

そう思っていたとき、旅に同行してくれた一人がAmazonで香港用のSIMを買ったという。見てみると確かに現地のSIMを売っている。その中で筆者が目をつけたのはタイのAIS社が売っているという旅行用の14カ国対応SIM「SIM2Fly」。使用開始から8日間有効、4G対応で3GBまでのデータ通信が可能。ここに今回訪れる香港、マカオ、台湾が含まれていたので、これだ!と思ってすぐさま購入。

飛行機の中でSIMを取り出して交換。最初からカットが入っていて、標準サイズ、micro SIM、nano SIMと自分に合うサイズにして挿入。あとは「通信オプション」でローミングを「オン」にする。海外ではローミングはオフにする! と、その手の解説記事では口うるさく言われてるけど、このSIMは現地の通信会社に対してローミングで接続するタイプなので「オン」にしないと繋がらないので注意しよう。

実際の使い勝手はというと、香港に着いてすぐのときは繋がりにくかったが、安定すると全く問題なし。マカオ、台湾でも自動的に現地のキャリアを受信できるようになって4Gで快適なモバイル環境が手に入った。通信が不安定なときも少し待ってみるといいかもしれない。

さて今回失敗したのは、深?で使うSIMの選定だった。深?は中国本土なのでグレート・ファイアウォール、俗に言う「金盾」が効いていて、FacebookやGoogleなど普段使っているサービスがことごとく利用できない。それを回避できるのが香港で売ってる「跨境王」というSIM。多くの旅行者はこれを使うことで、深?でも金盾を超えて従来のサービスを利用できるのだそうな。今回、行く前の下調べでこれだけは現地(香港)で買おうと思っていたのに、すっかり忘れていて気が付いたのは国境を越えてから。あちらで買ったSIMは当然、金盾を越えられず、Google Mapsなどが利用不可になってしまった。ポケモン Goはできるのに、Google Mapsで行きたいお店が表示できないのは不便。次回は間違えないように気をつけなければ。

通信環境の確保は見知らぬ土地であるほど必須だ。一番大事なのはやはり地図で、自分の位置が表示されるってことがどれだけ大切かがよーくわかる。今回はマカオで「エッグタルトが食べたい!」けれどお店がわからないというときに検索した先が大当たりで、現地でも有名なお店だったらしく行列。今まで食べた一番美味しいエッグタルトを満喫できた。もちろん他の国でも検索できる環境さえあれば、現地の美味しいものを検索したり、いろいろな情報を手に入れることができる。

スマホを持っている人は、海外旅行前にぜひSIMフリーにして現地SIMを使ってみよう。日本にいるのとほぼ同じようにスマホが使えるのはとにかく便利。ぜひとも経験してほしい。
(矢橋司)

関連記事(外部サイト)