パイオニア、狭いスペースにもすっきり収まるBluetooth対応のCDミニコンポ

パイオニア、狭いスペースにもすっきり収まるBluetooth対応のCDミニコンポ

画像提供:マイナビニュース

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは15日、パイオニアブランドのCDミニコンポ「X-SMC02」を発表した。ホワイトとブラックの2モデルを用意。6月下旬より発売する。価格はオープンで、推定市場価格は税別20,000円前後。

X-SMC02は、Bluetoothに対応するCDミニコンポだ。狭いスペースにも置きやすい薄型デザインで、部屋のコーナーにもフィットする背面形状を採用。スピーカーが外側に向いており、かつ本体が上向きに傾斜しているので、耳より低い高さに設置しても音がクリアに聴こえるとしている。

機能面では、CD再生、USBメモリーからのMP3再生、AM/FMラジオに対応し、ワイドFM放送も視聴可能。Bluetooth 4.1対応なので、スマートフォンの音楽をワイヤレス再生できる。1度ペアリングすれば2度目以降は自動的に接続するBluetoothオートコネクトにも対応。

音声入力インタフェースは、ステレオミニ×1系統。USBポートは、電源をオフにしていてもUSB機器の充電が可能だ。対応CDメディアはCD / CD-R / CD-RW。本体サイズはW451×D132×H215mm、重量は3kg。
(リアクション)

関連記事(外部サイト)