LINEとトヨタがコネクテッドカーで協業、LINEのAI「Clova」を活用

トヨタ自動車とLINEが協業

LINEとトヨタがコネクテッドカーで協業、LINEのAI「Clova」を活用

LINEとトヨタがコネクテッドカーで協業、LINEのAI「Clova」を活用

画像提供:マイナビニュース

LINEは6月15日、トヨタ自動車との協業を発表した。LINEが開発を進めるクラウドAIプラットフォーム「Clova」と、車載機器とスマートフォンアプリとの連携規格「Smart Device Link」(以下「SDL」)を活用し、コネクティッドカーサービスに進出するという。

Clovaは、LINEが開発したクラウドAIプラットフォーム。一方のSDLは、トヨタ自動車が推進するスマホアプリとクルマがつながるためのオープンソースで、ユーザーは車載の音声認識機能や操作パネルを通じ、車内でアプリを操作できる。

今回の協業により、ClovaとSDLを連携させ、音声エージェントなどを活用した新しいカーサービスを検討。2018年の商品化を目指すという。

関連記事(外部サイト)