セイコークロック、音楽再生やワイドFM放送を高音質で愉しめる置時計

セイコークロック、音楽再生やワイドFM放送を高音質で愉しめる置時計

画像提供:マイナビニュース

セイコークロックは、音楽再生やワイドFM放送を高音質で愉しめる置時計「セイコー SS501」を7月14日に発売する。価格はオープンで、市場予想価格は26,000円(税抜)前後。購入は全国の量販店など。

部屋のマスタークロックとして見やすく時刻を表示してくれ、専用アプリと連携することでスマートフォンの時刻と同期することが可能。アラームについては、快眠セラピストとして著名な三橋美穂氏が監修した、心地よい眠りへ誘うメロディ1曲と、爽やかな目ざめをアシストするアラームメロディ3曲を内蔵している。ほかに、スマートフォンなどのBluetooth対応機器とのワイヤレス接続、またはUSBメモリを本体にさすことで音楽を楽しめるオーディオ機能がついている。オーディオは、コンパクトな一体型ながら、内部で左右が独立したスピーカーボックス構造を採用しており、クリアでナチュラルなサウンドが楽しめるという。さらにワイドFM放送にも対応しており、AMラジオ番組を聞くことができる。

本体サイズは、H100×W280×D90(mm)、重さは1.3s。電源はAC100V。平均月差は、±30秒。明るさは3段階で、室内の明るさに応じて自由に調節できる。アラームや快眠アシスト機能のほか、5分間オートストップ、スリープタイマー(15分から120分)機能がつく。オーディオの仕様は、スピーカー部分に、直径52mmのフルレンジスピーカーが2つ、直径57mmのパッシブラジエーターが2つ。最大出力は左右5Wで、合計10W。
(瀬尾俊輔)

関連記事(外部サイト)