ストレスいかほど? ちゃんと寝てる? - 初心者向け活動量計のガーミン「vivosmart 3」で測ってみた

ストレスいかほど? ちゃんと寝てる? - 初心者向け活動量計のガーミン「vivosmart 3」で測ってみた

画像提供:マイナビニュース

●手首に巻いても邪魔にならない
日々身に付けることで、その日の歩数や心拍数など目には見えにくい情報を可視化する活動量計デバイス。総務省の平成26年版情報通信白書では、2020年度までに600万台超えを予測し、生活習慣の改善など幅広い利活用が期待される。現在は各社から活動量計デバイスが発売されているが、今回は、GPSで有名なGarminの日本法人・ガーミンジャパンの「vivosmart 3」を取り上げよう。

まずは同社のラインナップを整理したい。ガーミンジャパンは、目的やスポーツ内容に合わせたデバイスを数多く用意しており、vivoシリーズはフィットネス向けに位置する。利用者の運動量や機能差によって、「vivofit」「vivosmart」「vivoactive」という3段階のシリーズを用意。今回のvivosmart 3は中間点に位置する存在だ。

vivosmart 3には、Sサイズが3種類、Lサイズが2種類と、計5タイプがある。特徴は、光学式心拍計を搭載しながらの、軽量性とコンパクトさ。厚さは9.83mm、重量は20.4g(Lサイズは21.5g)だ。価格は19,800円(税込)と、この手のデバイスとしては比較的安い。

実際に身に付けてみると、ほとんど重さを感じない。筆者は数カ月前からガーミンジャパンの「fenix 5 Sapphire」をメインデバイスとして日々利用しているが、vivosmart 3はデバイスが薄いだけに、身に付けた手を振り回しても違和感を覚えることがないのだ。また、前モデルと比べて光学式心拍計の凹凸がなくなっているため、フィット感も心地よい。長袖のボタンシャツを着ていても、手首のvivosmart 3が邪魔に感じないのはうれしい限りだ。

バッテリー駆動時間は約5日間。Bluetoothでスマートフォンと連携し、スマートフォンからのメッセージを大量に受診する場合は短くなるが、それでもさほど気にする必要はない。感覚的には、週2回の充電タイミングを設けるとよさそうだ。充電には専用USBケーブルを使うため、数日の旅行といったときには専用USBケーブルを持っていったほうが安心だろう。

vivosmart 3は50m防水のため、お風呂にもそのまま持ち込めるが、担当者いわく「シャワーなど高い水圧で水が当たる場面は注意してほしい」とのことだった。これはvivosmart 3に限らず、防水性能を持つ機器の全般にいえることだ。さすがに防水性能を実際には試していないが、ガーミンジャパンは防水に関して専用ページを設けている。

本体の操作は、ディスプレイ部分のスワイプ、タップ、ダブルタップ、長押しといったジェスチャーで行う。個人的に気に入っているのはストレス情報だ。vivosmart 3で計測した心拍数などの数値から現在のストレス度を算出し、4段階のバロメーターで可視化する。なお、vivosmart 3は待機時にディスプレイを消し、腕を眼前まで振り上げると自動で再表示する仕様だ。

●スマホアプリと連携させる
特有の機能として取り上げたいのが、「パーソナルRepカウント」だ。ベンチプレスやダンベルカールといったトレーニングを行うとき、回数を数えながらトレーニングするのはけっこう面倒で、集中を削がれたりする。パーソナルRepカウントは、こうしたトレーニングの回数や、ユーザーの活動時間を追跡し、後述する専用アプリケーションにデータ転送を行う機能だ。○セット、○分といった運動をするとき、かなり便利に使える。ちなみに、「MOVE IQ」という機能を利用すると、トレーニング内容を自動検出して計測することも可能だ。

vivosmart 3を活用する上で欠かせないのが、専用アプリ「Garmin Connect Mobile」である。iOS用とAndroid用がリリースされており、Garminデバイス側で計測したデータをスマホやタブレットに転送し、情報を可視化するアプリだ。他社の活動量計デバイスと比較してみると、Garmin製のデバイスは同期に要する時間がかなり短く、数日間放置してから同期しても、完了まで1分以上かからなかった。

個人的な使い方としては、睡眠時間の測定を重視している。だが、Garmin Connect Mobileは、自分で決めた就寝時間と起床時間にプラスアルファした程度の情報しか表示されないのが残念だ。例えば、休みの日に昼酒を嗜み、昼寝したところ、その間の睡眠時間はカウントされていなかった。情報自体は記録しているものの、アプリ側が対応していないようだ。この点をガーミンジャパンの担当者に質問したところ、今後の改善材料として本社に伝えるとの言葉をもらったので、Garmin Connect Mobileのバージョンアップに期待したい。

アプリと連携することによって、デバイスの機能をある程度カスタマイズできるのは、Garmin製デバイスが持つ魅力の1つだ。vivosmart 3では、アラーム設定、表示ウィジェットの有無、ディスプレイオンのタイムアウト時間(3段階)、アクティビティ自動開始の有無などを選べる。ディスプレイに表示する内容は、8種類から選択可能だ。vivosmart 3は、初めて活動量計デバイスを試したい方や、より軽量で普段使いの活動量計デバイスを求めている方には、興味深い製品となるだろう。

阿久津良和(Cactus)
(阿久津良和)

関連記事(外部サイト)