マンフロットのカメラバッグ「Manhattan」、カジュアル&タウンユースにも

マンフロットのカメラバッグ「Manhattan」、カジュアル&タウンユースにも

画像提供:マイナビニュース

マンフロットは6月30日に、カメラバッグの新モデル「Manhattan」シリーズ(3モデル)を発売する。価格は15,800円から(税別)。

○Manhattan ムーバー50

大型レンズ付き一眼カメラ+レンズ5本+ストロボ+コンパクトカメラなどを収納できる大型バックパック。価格は23,800円(税別)。

メッシュ付きのカメラ収納ケースを採用し、内部は可動式仕切り板によって自由なレイアウトが可能。15.6型ノートPCと9.7型タブレットを収納できるポケットや、アクセサリー用ポケットを設けている。

生地は湿気に耐性を持つよう撥水加工され、付属の折り畳み型プロテクターを装着することで、外部の湿気を防いで内部を乾燥した状態に保つ。底面は汚れに強い生地になっていて、汚れても簡単に拭き取り可能。

移動中にバッグが動かないようにする補助ストラップを装備。外側には三脚を装着するのに適したコネクションも用意されている。レインプロテクターを装備し、本体サイズは内寸がW300×D200×H490mm、外寸がW320×D200×H500mm、重量は1,580g。

○Manhattan チェンジャー20

大型レンズ付き一眼カメラ+レンズ2本を収納できる中型モデル。価格は18,800円(税別)。ショルダーバッグのほか、トートバッグとしても利用できる。15.6型ノートPCと9.7型タブレットを収納できるポケットなどを装備する。内部は仕切り板により自由にレイアウト可能。外側には三脚も収納できる。

生地への撥水加工などは「ムーバー50」とほぼ共通。レインプロテクターを装備し、本体サイズは内寸がW320×D120×H410mm、外寸がW350×D140×H440mm、重量は880g。

○Manhattan スピーディー10

小型レンズ付き一眼カメラ+レンズ2本を収納できるショルダーバッグ型の小型モデル。価格は15,800円(税別)。12型ノートPCを収納できるポケットなどを装備する。内部は仕切り板により自由にレイアウト可能。生地への撥水加工などは「ムーバー50」とほぼ共通。本体サイズは内寸がW330×D110×H230mm、外寸がW360×D140×H270mm、重量は880g。
(リアクション)

関連記事(外部サイト)