モトローラ、拡張できるスマホ「Moto Z」ファミリーのニューモデル

モトローラ、拡張できるスマホ「Moto Z」ファミリーのニューモデル

画像提供:マイナビニュース

モトローラは6月20日、拡張モジュールで機能強化できる「Moto Z」ファミリーの最新モデルとなる「Moto Z2 Play」を国内発表した。6月29日から発売し、Motoストア販売価格は税別53,800円。また、Moto Zファミリー対応の機能モジュール「Moto Mods」の追加モデルとして、「Turbo Powerパック」と「ワイヤレス充電キャップ」も発表された。

Moto Z2 Playは、前モデル(Moto Z Play)の機能を強化したSIMフリーのスマートフォンで、オールメタル一体型のボディデザインを採用。カラーは、ルナグレー、ファインゴールド、ニンバスの3色で展開する。

CPUにはオクタコアのQualcomm Snapdragon 626、内蔵メモリ4GB、フルHDの5.5インチ スーパーAMOLED(有機EL)ディスプレイなど、充実した基本性能を持つ。背面のメインカメラは、1,200万画素、f/1.7のレンズを採用しており、次世代レーザー・オートフォーカスやデュアル・ピクセル・オートフォーカス技術と組み合わせることで、暗い場所での撮影も快適に行えるという。

さらに、ソフトウェアとセンサーを組み合わせて、直感的にユーザーの操作をアシストする「moto エクスペリエンス」機能も強化。手首をひねってカメラアプリを起動したり、端末を振り下ろしてライトを点灯させたりと、さまざまなアクションで操作が行えるのに加え、夜間になるとブルーライトを低減した暖かいトーンの画面に調整する「ナイトディスプレイ (夜間表示)」も搭載している。Moto Z2 Playの主な仕様は以下の通り。

OS: Android 7.1.1
CPU: Qualcomm Snapdragon 626(オクタコア、2.2GHz)
内蔵メモリ: 4GB
ストレージ: 64GB
外部ストレージ: microSDXC/microSDHC/microSD
サイズ: W76.2×H156.2×D5.99mm
重量: 約145g
ディスプレイ: 5.5インチ スーパーAMOLEDディスプレイ
ディスプレイ解像度: 1,920×1,080ピクセル
メインカメラ: 1,200万画素
サブカメラ: 500万画素
バッテリー容量: 3,000mAh
FDD-LTE: B1/B3/B5/B7/B8/B19/B20/B28
TD-LTE: B38/B40/B41
GSM: 850/900/1,800/1,900MHz
Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n
Bluetooth: 4.2
インタフェース: USB Type-C×1
指紋認証センサー: 搭載
カラー: ルナグレー、ファインゴールド、ニンバス

Moto Z ファミリーは、本体背面にさまざまなモジュール「Moto Mods」を装着して機能を強化できるのが特徴。Moto Z2 Playの発表に合わせて、新たに2つのMoto Modsの発売が発表された。バッテリーの持ちを1日近く延長させる専用モバイルバッテリー「Turbo Powerパック」と、ワイヤレス充電機能を搭載したスマートフォンカバー「ワイヤレス充電キャップ」で、Moto Z2 PlayをはじめMoto Z ファミリーの端末で利用可能だ。Turbo Powerパックは税別9,800円で7月1日発売、ワイヤレス充電キャップは税別4,680円で7月中旬発売予定となっている。
(朝岳健二)

関連記事(外部サイト)