上海問屋、クッション素材で装着感を高めたヘッドホン一体型VRゴーグル

上海問屋、クッション素材で装着感を高めたヘッドホン一体型VRゴーグル

画像提供:マイナビニュース

ドスパラは23日、同社が運営する「上海問屋」にて、スマートフォンを装着してVRコンテンツが楽しめる、ヘッドホン一体型VRゴーグル「DN-915057」を販売開始した。直販価格は税込3,999円。

本体には、再生・停止とボリューム、画面タッチボタンを備え、レンズ位置の調節も可能。両サイドにはケーブルホールを用意し、スマートフォンを充電しながら使用できる。メガネの上からも装着可能で、対応メガネ幅は幅125mm×縦40mmまで。顔に当たる部分にはクッションが採用し「絶妙な装着感を実現した」とする。

画面固定方法はバネ挟み式。対応スマートフォンサイズは4〜5.5インチ。ヘッドバンドはサイズ調整可能で、頭部サイズは約52〜63cmに対応する。本体サイズはW201×D138×H96mm、重量は約580g。レンズクリーナー、英語マニュアルが付属する。

なお、レンズ周りやスマホ装着部分からの光を遮断し、没入感を高めたVRゴーグル「DN-915058」も同時に発売した。対応スマートフォンは4〜6インチ。「上海問屋」直販価格は税込1,999円。

関連記事(外部サイト)