聴き放題・定額制の音楽配信サービス、使ってる? 満足? 不満?

聴き放題・定額制の音楽配信サービス、使ってる? 満足? 不満?

画像提供:マイナビニュース

●使っている人は33%
月額料金を払うと、配信されている音源がすべて聴き放題になる定額制音楽配信サービス。このたび、マイナビニュース会員に向け定額制音楽配信サービスに関するインターネットアンケートを実施した。ここではアンケートの結果を報告しながら、マイナビニュース会員が定額制音楽配信サービスをどのように受け止めているのか、活用スタイルも含めて読み解いてみたい。

「定額制の音楽配信サービスを使っていますか」という質問に対しては、「はい」が33%だったのに対して、「いいえ」が67%と上回った。なお「はい」と答えた回答の中には有料・無料サービス、両方のユーザーが含まれている。とはいえ、昨今発表されている同じテーマのアンケート調査結果に比べると、今回のアンケート調査では定額制音楽配信サービスを利用している回答者の比率は高いと言えそうだ。

○定額制音楽配信サービスを「使わない理由」

回答全体の男女比は男性が64%、女性が36%の内訳になる。定額制音楽配信サービスの利用について「いいえ」(使っていない)と答えた回答者の年齢分布は40代が最も多く35%に上る。以降は50代が30%、30代が27%、20代が8%というかたちで続く。

定額制音楽配信サービスを使っていないと答えた回答者にその理由を訊ねたところ、「値段が高い」との回答が最も多く44%、続いて「定額制音楽配信サービス以外の方法で音楽を聴いている (CD、ラジオ、YouTubeなど)」という回答が38%を占めた。

定額制音楽配信サービスについてよく知らないという回答も多くあったことから、少しずつ定着してきたように思われた音楽配信サービスの認知拡大も、まだこれからであることが見えてくる。また、サービスを試してみたものの、聴きたい曲がそろっていないことを理由に継続を止めたという回答も11%に上った。その他の理由として「使っているオーディオ機器にインターネット接続機能がない」「スマホの通信料が不安」などの声もあった。

○「Apple Music」と「Amazon Prime Music」が人気

今回のアンケートでは、国内で提供されている定額制音楽配信サービスの中から、比較的利用者が多いと思われるものを回答項目として揃え、その中から現在利用しているサービスを回答してもらった。

なお定額制音楽配信サービスの利用について「はい」と答えた回答者の男女比は男性が59%、女性が41%。年齢分布は30代が最も多く36%となり、続いて40代が27%、50代と20代が残りの比率をほぼ均等に分け合った。

利用者の多かったサービスはトップが「Apple Music」で30%。これに25%を獲得した「Amazon Prime Music」、21%の「LINE MUSIC」、19%の「Google Play Music」、15%の「dヒッツ」が続く。国内でいち早く定額制音楽サービスをスタートした「AWA」は9.3%、2016年秋に満を持して日本市場に参入した「Spotify」の利用者は6.8%だった。

さらに、各サービスを利用し「満足できている点」と「不満に感じる点」を自由回答で記述してもらった。次のページからは、上位のApple Musicから順に、回答内容の傾向を紹介しよう。

●各サービスの気に入っているところ、不満なところ
○各サービスの気に入っているところ、不満なところ

Apple Music

Apple Musicについては洋楽が豊富であり、結果としてお気に入りの楽曲が見つかることに満足して使い続けているユーザーが多いようだ。反対に「邦楽のタイトルが少ない」「楽曲のバラエティが全体に乏しい」という不満を口にする向きもあった。音質が良いことを使う理由として挙げた回答もあった。

またユーザーインタフェースが優秀で使い勝手が良いこと、モバイル端末に聴きたい楽曲をダウンロードしてオフライン再生ができることを使いやすさのポイントとして挙げる声もあった。同様に、オフライン再生の機能を便利と感じている意見は「Amazon Prime Music」「AWA」と回答した人の中にもあった。

またApple Musicのユーザーに限らず、定額制音楽配信サービスを活用しているユーザーに共通する声として「ショップにソフト(CDやレコードなど)を買いに行く手間が省ける」ことに快適さを感じるという意見が多かった。

Apple Musicへの不満点として、月額利用料金を安くしてほしいという意見があった。主な定額制音楽配信をフルサービスで利用すると、月額で980円前後の利用料金が必要となるが、今回のアンケートではどのサービスの利用者からも「月額利用料金をもう少し安くしてほしい」という希望が寄せられた。

Amazon Prime Music

Amazon Prime Musicは、年会費3,900円(税込)のAmazonプライム会員であれば利用できるサービス。月額に換算すると325円という安さが人気のようだ。サービスに満足しているという回答の内容を詳しく見ていくと、その理由に「コスパの高さ」「手軽さ」を挙げる声が多かった。本サービスの不満点については「新曲が少ない」「曲の種類が少ない」などコンテンツ不足への指摘が比較的多く見られた。

LINE MUSIC

今回のアンケートでは特に「LINE MUSICを積極的に選んだ理由」の回答はなかった。不満点としては「マイナーな曲も追加して欲しい」という声があった。

Google Play Music

Google Play Musicについては操作のわかりやすさや安定感など「ユーザーインタフェースの出来映え」に満足と答える内容が目立った。「新曲の追加が早い」ことも満足できる点として挙げられている。反対に不満点については聴きたい曲を検索したり、絞り込む操作が難しいとの指摘があった。プレイリスト再生やレコメンド機能の活用について周知が必要だとうかがわせる結果と言えるかもしれない。

dヒッツ

dヒッツについては月額540円(税込)で利用できるかわりに、他の定額制音楽配信サービスと違って、1曲ずつ聴きたいタイトルを検索して聴くオンデマンド再生の機能に制限があり、使い勝手に大きな違いが出てくる。そのため不満点として「聴きたい曲が見つけづらい」といった声が多く上がった。その他にも「オフライン再生を充実させてほしい」「毎月のパケット利用量を低く抑える機能が必要」という指摘も寄せられた。満足であると答える声の中には、邦楽を中心にタイトルが充実しているという意見があった。

AWA

AWAについては、新曲の品揃えや特徴である「プレイリスト機能」が充実していることから、曲との出会いを喚起しすいことに満足を感じるユーザーがいるようだ。不満点としては、無料版が使いづらいことや、音質を指摘する声があった。

Spotify

Spotifyでは、アルバムやプレイリストの中はシャッフル再生になり、途中音声広告が挟まれるが楽曲をフル再生できる「Freeプラン」(月額無料)が充実している。そのため、回答内容から推察すると、Freeプランで活用しているユーザーも多いようだ。その中でも、無料プランの継続を応援する声や、さらなる機能充実を期待する声があった。

***

今回のアンケートでは「長期利用ユーザーを優遇してくれるサービス」の登場を望む声もあった。例えば「1年使うと1カ月無料」「2年目以降は月額料金が安くなる」といった仕掛けが用意できれば、定額制音楽配信サービスの価格に対する抵抗感が下がるかもしれない。

また、忙しくて利用できなかった月も定額利用料金が必要であることに不満を感じるという向きもあった。この点は月額固定のサブスクリプション型サービスの基本なのでなかなか崩しづらいが、例えば一期間利用のないユーザーにはアプリから通知を出す機能があれば、利用促進につながるかもしれない。

次回はこのアンケート結果を踏まえて、それぞれの定額制音楽配信サービスの特徴をまとめていく。

調査時期: 2017年5月22日〜23日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男女501名
調査方法: インターネットログイン式アンケート