「弱虫ペダル」とBluetoothイヤホンがコラボ、総北高校と箱根学園ver

「弱虫ペダル」とBluetoothイヤホンがコラボ、総北高校と箱根学園ver

画像提供:マイナビニュース

JVCケンウッドは、発売中のBluetooth搭載インナーイヤー型イヤホン「HA-EB10BT」とTVアニメーション「弱虫ペダル」のコラボレーションモデル「HA-EB10BT-EY(総北高校)」および「HA-EB10BT-EA(箱根学園)」を9月中旬に発売する。価格は6,800円(税抜、送料・手数料別途)、購入はJVC公式通販サイト「コト Square」および、バンダイ公式通販サイト「プレミアムバンダイ」のほか、JVC商品取扱い販売店など。それぞれ1,000台の限定生産で、発売に先がけて通販サイト、および販売店などで予約受付を開始している。

「弱虫ペダル」は渡辺航による、自転車競技を題材にしたスポーツ漫画。総北高校に入学したオタク少年・小野田坂道はとあるきっかけで同級生に自転車レースを挑まれる。それ以来、坂道は自転車で走ることに楽しみを見出し、自転車の才能を開花させていく。2013年からはテレビアニメ化、そのほか劇場版アニメなど、様々なメディアミックス展開が行われている。今回発売するのは、主人公の所属する総北高校モデルと、ライバルの所属する箱根学園モデルの2種。

「HA-EB10BT」は2016年9月に発売した、Bluetooth搭載のインナーイヤー型イヤホン。約7時間の連続再生が可能だ。音質は口径9mmの高磁力ネオジウムドライバーユニットを搭載し、クリアな高音質サウンドを実現しているという。

本体のほか、充電用USBケーブルとS、Mサイズのイヤーピース各2個を同梱する。重さは15g。Bluetoothのバージョンは3.0で、対応コーデックはSBC。再生周波数は20Hzから20,000Hz。連続再生時間は約7時間で、電源は内蔵リチウムポリマー充電池。充電時間は約2.5時間だ。
(瀬尾俊輔)

関連記事(外部サイト)