ヤマハ、世界初の「DTS Virtual:X」対応サウンドバー - 高さ方向の音場再現

ヤマハ、世界初の「DTS Virtual:X」対応サウンドバー - 高さ方向の音場再現

画像提供:マイナビニュース

ヤマハは6月29日、サラウンドシステム「YASシリーズ」の新モデル2機種を発表した。発売は7月下旬で、価格はオープン。推定市場価格はワイヤレスサウンドバーがセットになった「YAS-207」が43,000円前後、ワンバーボディの「YAS-107」が28,000円前後(いずれも税込)。

パッケージ内容は2機種で異なり、YAS-207は高さ60mmのバータイプのセンターユニットと、ワイヤレスサブウーファーのセットになっている。センターユニットの天面はレザー調、サブウーファーの天面と片側面はサテン調仕上げを施した。センターユニットには、4.6cm内蔵ウーファー×2基と2.5cmツイーター×1基をそれぞれ左右に搭載。ワイヤレスサブウーファーには16cmスピーカーを搭載している。

一方のYAS-107はサブウーファーを同梱せず、高さ53mmのスリムなワンバーボディを採用。ファブリックカバーを採用したスタイリッシュなデザインとなっている。スピーカーは、5.5cmフルレンジ、7.5cm内蔵サブウーファー、2.5cmツイーターを左右に1基ずつ搭載した3ユニット構成。実用最大出力が120Wのハイパワーアンプを内蔵するほか、高効率のバスレフポートも装備している。

ともに薄型テレビの前に設置できるフロントサラウンドシステムで、バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に世界で初めて対応。前方 / 左右 / 後方に加え、高さ方向の音場も再現するバーチャル音場を実現している。これにより、従来はテレビ画面より下のサウンドバーの位置から聴こえていたセリフが、テレビ画面の位置から聴こえるようになるなど、前後左右の広がりに加え、上方から包まれるようなサウンドを楽しめるようになった。

また、アップミックス機能により、ステレオ音声入力時でもバーチャル3Dサラウンド再生が可能。低音を増強する機能「バスエクステンション」も搭載している。

HDMI端子は1入力 / 1出力を装備し、4K HDRの伝送に対応。Bluetoothもサポートしており、スマートフォンの音楽を手軽にかけられる。アプリ「HOME THEATER CONTROLLER」からの操作にも対応する。

関連記事(外部サイト)