初音ミクとカフェデート!? 「au SENDAI」で最新のAR技術を体験

初音ミクとカフェデート!? 「au SENDAI」で最新のAR技術を体験

画像提供:マイナビニュース

KDDIとクリプトン・フューチャー・メディアは、宮城県仙台市の「au SENDAI」に併設された「BLUE LEAF CAFE」で、「初音ミク」とカフェ体験ができるイベントを開催する。期間は7月8日〜9日(第1期)、7月15日〜17日(第2期)。イベントは事前申し込み制(抽選)で、第1期のエントリー期間は7月2日まで。バーチャルキャラクターとのカフェ体験イベントは、世界初の試みとなる。

イベントでは、3DカメラによるAR体験を実現する、GoogleのTangoテクノロジーの空間認識技術を活用。BLUE LEAF CAFEの専用スペースにおいて、テーブルに設置されたTango対応スマートフォンから「ミク☆さんぽ〜CAFE edition〜」を起動すると、目の前に初音ミクが現れ、カフェでの食事やおしゃべりを楽しめる。期間限定のコラボメニューも提供予定で、売上の一部は東北復興支援のため寄付される。イベントの詳細はauのWebサイトを参照いただきたい。

また、柚希きひろさんが描き下ろしたデザインの「データチャージカード」(数量限定)と、初音ミク10周年の限定グッズを、全国のau直営店で販売する。販売期間は7月8日〜9月3日。データチャージカードの容量は1.5GBで、価格は1,620円。

au SENDAIのほか、「au NAGOYA」「au OSAKA」「au SHINJUKU」では、初音ミクのフォトパネルを設置し、撮影会を実施する。こちらは事前エントリー不要となっており、限定のデータチャージカードを購入すると特別なコンテンツを体験できるという。なお、カフェイベントを開催するのはau SENDAIのみ。

KDDIとクリプトン・フューチャー・メディアの両社は、4月26日にAR / VR / M技術を活用したサービスの開発について基本合意書を締結しており、今後も初音ミクなどのキャラクターと現実世界が融合したサービスを提供できるよう、開発を進めていくという。

関連記事(外部サイト)