格安スマホに対する都市部と郊外の意識差、郊外のほうが「食わず嫌い」か

「格安スマホに対する都市部と郊外の意識差」を調査 郊外のほうが「食わず嫌い」傾向

記事まとめ

  • 「格安スマホに対する都市部と郊外の意識差」に関する調査を行い、結果を発表した
  • 全体的に"食わず嫌い"傾向が見られたが、特に郊外では他地域よりもその傾向が強かった
  • 既に格安スマホを利用している人に今後の利用傾向を尋ねると「続けたい」が全体の90%

格安スマホに対する都市部と郊外の意識差、郊外のほうが「食わず嫌い」か

格安スマホに対する都市部と郊外の意識差、郊外のほうが「食わず嫌い」か

画像提供:マイナビニュース

ビッグローブは、「格安スマホに対する都市部と郊外の意識差」に関する調査を行い、その結果を発表した。調査対象は、2大都市圏、地方政令指定都市、郊外在住で、格安SIMを知っている20代〜60代の男女計1,200人。調査形式はWEBアンケート形式で、調査期間は6月8日から12日まで。

予備調査において、格安スマホ(SIM)を知っているが未利用という人に今後の利用動向を尋ねると、「利用してみたい(ややを含む)」が全体で30.4%。一方で「利用してみたいとは思わない(あまりを含む)」は全体で40.7%と、利用してみたいと答えた人を上回った。全体的に「食わず嫌い」の傾向が見られたが、特に郊外では「利用してみたいとは思わない(あまりを含む)」が41.9%と、他の地域よりも「食わず嫌い」の傾向が強かった。

一方で、既に格安スマホ(SIM)を利用している人に今後の利用傾向を尋ねると「利用し続けたい(ややを含む)」が全体の90%、「利用し続けたくない(あまりを含む)」と明確に答えた人は全体の3%未満に留まった。最も「食わず嫌い」の傾向が見られた郊外は「利用し続けたい(ややを含む)」が89.7%と地方政令都市の93.1%に次ぐ結果となり、使い始めると2大都市圏よりも利用継続の意識が高いことが判明した。

格安SIMの購入検討者に、利用するにあたっての不安な点を尋ねると、最も多かった回答が「乗り換えが面倒くさそう」で全体の39.9%、こちらは地域による差はみられなかった。2大都市圏では「問い合わせ先がつながりにくそう」が20.4%と全体を5%ほど上回った。地方政令指定都市では、「サポートが良くなさそう」が35.4%と全体を6%ほど上回り、サポート面での不安を抱えていることが判明した。郊外では、「設定方法などを相談できる店舗が近くにない」が29.4%、「自分がどれくらいのデータ容量を使うか分からない」が25.1%とどちらも全体を5%ほど上回る結果となった。
(瀬尾俊輔)

関連記事(外部サイト)