MarshallのギターアンプみたいなBluetoothスピーカー

MarshallのギターアンプみたいなBluetoothスピーカー

画像提供:マイナビニュース

MarshallブランドのBluetoothスピーカー「STANMORE BLUETOOTH」「ACTON BLUETOOTH」が、7月14日に発売される。希望小売価格(税別)はSTANMORE BLUETOOTHが42,880円、ACTON BLUETOOTHが29,800円。いずれもMarshallのギターアンプのようなデザインを採用、「Marshall Familyの特徴をすべて受け継いでいる」としている。

○STANMORE BLUETOOTH

STANMORE(スタンモア) BLUETOOTHは、コンパクトながらパワフルなサウンドを実現したワイヤレススピーカーだ。ツイーター×2基と13.5cm径のウーファー×1基を搭載。サウンドをカスタムコントロールするインタラクション・ノブなど、レトロなデザインを採用している。

Bluetooth接続に対応し、高音質コーデックaptXをサポート。入力端子はRCAと3.5mmステレオミニを装備しており、3.5mmプラグのカールコードケーブルが付属する。

デジタルアンプ: 20W×2+40W×1
再生周波数帯域: 45Hz〜22kHz
重量: 5.10kg
サイズ: 350×185×185mm
カラー: Black、Cream、Brown

○ACTON BLUETOOTH

ACTON(アクトン) BLUETOOTHはより小型なモデルで、ツイーター×2基と10.16cm径のウーファー×1基を搭載。Bluetooth接続に対応するが、高音質コーデックaptXはサポートしていない。入力端子は3.5mmステレオミのみ装備しており、3.5mmプラグのカールコードケーブルが付属する。

デジタルアンプ: 8W×2+25W×1
再生周波数帯域: 50Hz〜20kHz
重量: 3kg
サイズ: 265×160×150mm
カラー: Black、Cream

関連記事(外部サイト)