精密機器の分解に役立つ電動精密ドライバー、上海問屋から

精密機器の分解に役立つ電動精密ドライバー、上海問屋から

画像提供:マイナビニュース

ドスパラは7月3日、電動精密ドライバー「DN-914899」を、同社運営の「上海問屋」にて発売した。価格は税込4,999円。

DN-914899は、精密機器を分解する際などに役立つ電動精密ドライバーだ。ビットはプラス(PH00、PH000)、マイナス1.5、トルクス(T-3、T-4)、星型0.8の6種類が付属。ネジやボルトの締め付けの強さを変えるトルク調整は、レベル1(弱)から3(強)の範囲で可能だ。

充電の接続はmicroUSBで行う。充電ケーブルを本体に直接挿すか、ケース一体式の充電スタンドでの充電が可能で、充電しながらの作業にも対応する。充電時間は約1時間で、連続動作時間は約3時間だ。本体サイズは長さ132×直径(最大)19mm、重さは約60g。
(伊森ちづる)

関連記事(外部サイト)