ソニー「wena wrist」、お気に入りの腕時計がスマートウォッチに変身!?

ソニー「wena wrist」、お気に入りの腕時計がスマートウォッチに変身!?

画像提供:マイナビニュース

●レザーバンドに電子マネー機能を内蔵
ソニーは6月3日、腕時計のバンド内に電子マネー機能を組み込んだ「wena wrist leather」(ウェナリスト レザー)を発表した。発売は12月下旬を予定、メーカー希望小売価格は8,380円(税別、以下同)。また「wena wrist」ステンレスバンドの単品販売を7月11日から開始する。同日、都内では製品説明会が開催された。

○wena wrist leatherとは

wena wrist leatherは、新開発の小型FeliCaモジュールをレザーバンドに内蔵した製品で、電子マネー決済(当初は楽天Edyのみ対応予定)を利用できる。充電は不要で、生活防水に対応。スマートフォンと連携する機能は持たない。普段使っている他社製の腕時計など、様々な腕時計の交換バンドとしても取り付けられ、バンド幅および対応ラグ幅として、18mm、20mm、22mmの3サイズを用意している。カラーバリエーションは、18mmがブラック、ワインレッド、ホワイト、20mmと22mmがブラックとタウニーブラウンだ。

素材には、国内で加工したカーフレザーを使用した。色によって最適な"なめし方"を選択しているという。なお、発売時はバンド単品での販売は行わず、ヘッド(時計部分)とセットで販売する。セイコーウオッチやビームス、スワロフスキーとコラボしたモデルなども展開する予定だ。

○wena wristステンレスバンド

先行して発売されていたステンレスバンドのwena wristについては、7月11日からバンドの単品販売を開始する。メーカー希望小売価格はシルバーが33,880円、ブラックが36,800円。ステンレスバンドの内部に「スマートウォッチ」機能を内蔵しているのが最大の特徴で、電子マネー機能、スマホの通知受け取り機能、活動量計測という3つの機能を搭載している。

対応ラグ幅は22mmだが、別売のエンドピースを使うことで、ラグ幅18mmと20mmの腕時計に取り付け可能。こちらはiOS/Android端末とBluetooth 4.1(Low Energy)で連携する。リチウムイオン電池を内蔵しており、連続動作時間は約1週間、充電時間は約1.5時間。FeliCa搭載によって、楽天Edy、iD、QUICPay、ANA、ヨドバシゴールドポイント、dポイントといったサービスに対応。バンドをかざすだけで全国のコンビニ、ドラッグストア、スーパーなどで買い物ができる。

●世界に負けないスマートウォッチを
○世界に負けないスマートウォッチを

発表会では、ソニー 新規事業創出部の對馬哲平氏が、これまでの経緯と今後の事業戦略を語った。wena wristは、ソニーの新規事業創出プログラムSAP(Seed Acceleration Program)から生まれた。生活を便利にする最先端のテクノロジーを自然に身に着ける「wear electronics naturally」というビジョンを掲げ、頭文字をとってwenaとした。

先行するステンレスバンドでは、メタルバンド自体をアンテナにする独自のアンテナ技術を開発し、さらに部品を分散配置するといった特許を含めた数々の技術によって、製品化を実現した。一方、この日に発表されたwena wrist leatherで課題となったのは、18mmの細い革バンドにも組み込める超小型FeliCaモジュールの開発。對馬氏によれば、横幅がとれない分を縦長にすることで解決したそうだ。また、曲げた際に生じる通信特性の変化にも配慮している。

新製品がターゲットにしているのは、腕時計をファッションで楽しむユーザー層。wena事業室では、そこにスマートウォッチの未来も重ね合わせて考えている。プロモーションでは、「ヘッドとバンドの自由な組み合わせで、あなただけのwena wristを」「バンドを付け替えるだけで、あなたの腕時計がスマートウォッチに」といったキーワードで展開する。

異性からもらった思い出の時計、形見の古い時計、パートナーから記念日にもらった時計など、お気に入りの腕時計で利用できるのがwena wristの特長。そこでソニーでは、「おもいでの時計展」というイベントを8月25日〜26日の2日間、代官山T-SITE(GARDEN GALLERY)で開催する。對馬氏は「まだ同じ土俵にも立てていないが、日本のスマートウォッチとして、Appleやサムスン電子にも負けない製品を開発していきたい」と意欲的に語った。

なお、Suicaへの対応状況については、「対応したいと思っている。しかし相手先のある話なので、いま我々から詳細を申し上げることはできない」(對馬氏)と答えるにとどまった。楽天Edyを選んだ理由は、「はじめに、楽天さまに意欲を示していただいた。仕様上は、2つから3つほどの電子マネーを入れることができる。ただし、組み合わせの相性もある」と話していた。
(近藤謙太郎)

関連記事(外部サイト)