「au WALLET プリペイドカード」がApple Payに対応

「au WALLET プリペイドカード」がApple Payに対応

画像提供:マイナビニュース

KDDIと沖縄セルラー電話は7月4日、「au WALLET プリペイドカード」がApple Payに対応したと発表した。なお、「au WALLET クレジットカード」はすでにApple Payに対応している。

au WALLET プリペイドカードでApple Payを使うには、iPhoneなどの「Wallet」アプリでau WALLET プリペイドカードを追加する必要がある。カードの追加は「au WALLET アプリ」からも行えるほか、auショップでも設定をサポートする。

Apple Payにau WALLET プリペイドカードを追加した後も、au WALLET ポイントプログラムは引き続き適用。au WALLET プリペイドカードをApple Payで利用すると、従来と同様、税込200円ごとに1ポイントの「WALLET ポイント」が貯まる。また、Apple Payに追加したSuicaのチャージにもau WALLET プリペイドカードを利用できるようになる。

店舗での支払いはiPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Seires 2が対応しており、全国のQUICPay+対応店舗で利用可能。iPhoneの場合は、Touch IDに指を載せたまま端末をリーダーに近づけ、決済音が鳴ると支払いが完了する。Apple Watch Series 2で支払う場合は、サイドボタンを2回クリックしてからリーダーに近づけて決済する。

今回の対応に合わせ、Apple Payに追加したau WALLET プリペイドカードやau WALLET クレジットカードを使ってQUICPay / QUICPay+対応加盟店で支払うと、WALLET ポイントが5倍になるキャンペーンを開催。さらに、Apple PayにSuicaを追加した上で、Apple Payに設定したau WALLET プリペイドカードやau WALLET クレジットカードを使って支払うと、ポイントが合計10倍となる。

関連記事(外部サイト)