パナソニック、山でも街でも楽しい電動アシストマウンテンバイク「XM1」

パナソニック、山でも街でも楽しい電動アシストマウンテンバイク「XM1」

画像提供:マイナビニュース

●従来のスポーツラインナップに加わるハイグレード「XM1」
パナソニック サイクルテックは4日、電動アシストマウンテンバイク「XM1」(エックスエムワン)を発表した。街中でも郊外でもシーンを問わず、快適に走行できるのが特徴。メーカー希望小売価格は税別33万円で、発売日は9月1日を予定している。都内開催された製品発表会をレポートしよう。

○従来のラインナップに加わるハイグレード「XM1」

XM1は、拡大する国内の電動アシスト自転車市場において、新たなコンセプトを提案するモデルとして開発された製品。マウンテンバイクに電動ユニットを搭載したことで、街中や公道での走行のしやすさを担保しつつ、野山や林道でも爽快に走れるようにした。バッテリーはフレーム一体型となっており、約3時間で満充電。1回の充電で、HIGHモードでは約42km、AUTOモードでは約54km、ECOモードでは約78km走行できる。ちなみに、はじめの約1.5時間で容量の約80%まで充電される。

ハイケイデンス(ペダルの回転数)に対応したユニットを搭載するなど、従来にない新技術を盛り込んだXM1。走る楽しみが増すような新機能も充実している。

ハンドル部に搭載されたセンター液晶ディスプレイには走行速度が表示されるほか、走行モードの切り替え、走行距離や最大速度の確認、バッテリー残量の確認などが可能。右ハンドルの操作ユニットではサスペンションのロック・オープンが行える。舗装路・未舗装路に応じて、自由にサスペンションの柔らかさを切り替えて使うという。なお、残念ながらユーザーが走行履歴を参照する機能は搭載していない。

カラーはマットチャコールブラックの1色で展開する。全長は1,835mm、全幅は590mm、質量は21.8kg。パナソニック サイクルテックでは、既存の電動アシスト自転車スポーツモデル「JETTERシリーズ」「Hurryerシリーズ」については、「普段使いの手軽さで街乗りを楽しむ電動アシストバイク」と説明してきた。一方で新製品「XM1」については、先の2シリーズとは趣を変えて、「遊びのシーンを選ばない新しいスタイルの電動アシストマウンテンバイク」として訴求していく。

●電動アシスト自転車の普及率が高い日本、新たなセグメントを狙う
○市場は成長中

製品発表会の冒頭、パナソニック サイクルテック 社長の片山栄一氏が市場動向や販売戦略を語った。まず片山氏が指摘したのは、欧州と国内における電動アシスト自転車のトレンドの違い。欧州では、すべての電動アシスト自転車に占める「電動マウンテンバイク」の比率が、2017年には23%に達した。

これに対し、国内ではわずか2%程度に留まっているのが現状。パナソニック サイクルテックでは、ここに市場が成長する余地を見出した。2020年には10%まで成長させたい考えで、初年度は200台を販売目標に設定している。なお電動アシスト自転車の市場規模は、日本は60万台、欧州は70万台とのこと。欧州で普及率が高い国はドイツやオランダ、スイスだが、人口当たりで考えると日本の普及率はかなり高いといえる。

パナソニック サイクルテックでは、これまで長きに渡り欧州市場に電動ユニットを供給してきた。このノウハウを活かし、今後は国内市場に打って出る。片山氏は「日本でも、電動スポーツバイクは普及していくと考えている」と話し、販売戦略に期待を寄せた。

○競合製品より高いが?

電動アシスト自転車というと、子供を乗せる主婦層向けのモデルを思い浮かべる人も多いだろう。そうした競合製品と比較すると、XM1は高価だ。価格について記者から問われると、片山氏は「価格の上下動が大きい家電製品と違い、電動アシスト自転車の価格は(各カテゴリで)ほぼフラットで推移していく。このため、他のカテゴリの電動アシスト自転車と価格を比較して心配する必要はない」と回答。

また、国内で電動アシスト自転車に参入している企業は3社しかなく、その中で電動マウンテンバイクを開発しているのはパナソニック サイクルテックのみ。そうした背景から、33万円という値付けにも自信を持っているようだ。もっとも、「今後はより低価格で使いやすいモデルの導入も考えている」とも話していた。

走行距離がやや短いのでは、との指摘には、パナソニック サイクルテック 商品企画部 係長の金森修一氏が「新開発のスポーツドライブユニットはパワーロスが少なく、ペダルに加えた力を無駄なく効率的に伝える。起伏がフラットな街中では、ほとんどアシスト力が必要ない」と回答。「78km走行できるECOモードなら、都心部から八王子くらいまでの距離を往復できるので問題ない」と説明していた。
(近藤謙太郎)

関連記事(外部サイト)