オーブンレンジで作る和定食 - 日立の「ふっくら御膳」「ヘルシーシェフ」体験会から

オーブンレンジで作る和定食 - 日立の「ふっくら御膳」「ヘルシーシェフ」体験会から

画像提供:マイナビニュース

●内釜の新製法で、ごはんの味をもっとおいしく
日立アプライアンスは7月4日に、7月20日から発売するIHジャー炊飯器「ふっくら御膳」RZ-AW3000Mと、過熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ」MRO-TW1のメディア向け説明会を開催。ふっくら御膳で炊くごはん、ヘルシーシェフで作る多彩な料理を、実際に体験してきた。

RZ-AW3000Mは、5.5合炊きのIHジャー炊飯器。特長は独自の「圧力スチーム炊き」を搭載していること。これは、圧力をかけて加熱したあと、圧力をかけながら最高105℃のスチームで蒸らすという仕組み。給水することなくオートでスチームを発生し、ふっくら甘く艶やかなごはんを炊き上げる。

○内釜の新製法で、ごはんの味をもっとおいしく

新製品では、内釜の製法を変えて、炊きムラを減らした。炊きムラがなぜ起きるのかというと、内釜の中でどうしても加熱が早いところと遅いところができ、それにより早いところではやわらかく、遅いところではかたく炊き上がってしまう。これは炊く量が多いほど起きやすくなる。同社によれば、現行機種でも炊きムラの許容範囲に収まっているが、より炊きムラの差を小さくすべく、新しい内釜の製法を採用したそうだ。

新製法はアルミ合金製の内釜の底面に、発熱性の高い鉄の粒子を超音速で精巧に打ち込むという方法。これにより、打ち込む鉄の厚みを細かく制御し、内釜の底に厚い層と薄い層を形成する。鉄が厚い層が効率的に発熱し、薄い層とあわせて底面全体で1,330Wの大火力を引き出す。さらに、アルミ合金層が、底面で発熱した熱を内釜全体にすばやく伝え、釜内の温度上昇のばらつきを抑え、炊きムラを減らすとしている。

もともと、炊きムラといっても許容範囲内なので、食べでもそれほど違いは分からないのではないかと思ったが、新製品で炊いたごはんを食べると、ごはんの甘味や食べたあとの甘味の残りが現行機種よりも増している気がした。

日立アプライアンスの商品戦略本部 冷蔵庫・調理商品企画部の鈴木康志氏にその点を聞くと「炊きムラを抑えたことで、ごはん一粒一粒の甘味のばらつきも抑えることができました。そのため、炊いたごはん全体の平均値が上がり、現行機種よりも長く甘味が残ると感じるのではないでしょうか」とのことだ。

このほか、新製品では白米だけでなく玄米も「しゃっきり、ふつう、もちもち」と炊き分けられるコースを用意した。もちもちコースとしゃっきりコースで炊いた玄米を食べ比べてみたが、もちもちコースはクセがなく玄米初心者でも食べやすい炊き上がりで、しゃっきりコースは、玄米らしい味わいを堪能することができた。

○見やすい水位線、蒸気カット、軽い内釜で使い勝手に配慮

炊飯時の外に出る蒸気を抑える「蒸気カット」、1kgを切る約720gの内釜など使い勝手にも配慮している。さらに新製品では、内釜の水位線や合数の文字を大きくし見やすくした。

●最近のオーブンレンジは……すごい!
○塊肉の調理も上手にできる

続いて過熱水蒸気オーブンレンジ「MRO-TW1」の説明も行われた。MRO-TW1は庫内容量30L、本体サイズは幅487×奥行き449×高さ365mmだ。

MRO-TW1では、「Wスキャン調理」を新たに搭載。レンジ・オーブン・グリル・スチーム・過熱水蒸気という5種の加熱方法を、メニューに応じて組み合わせる調理だ。食品の重さをはかる「トリプル重量センサー」と、庫内を8眼センサーで120分割して食品の表面温度をはかる「センター赤外線センサー」を搭載しているので、食品の重さと温度にあわせてオートで火加減をコントロールする。

例えばローストビーフを作る場合、最初にレンジですばやく牛肉内部の温度を上げ、オーブン調理と過熱水蒸気調理を自動で切り替えて調理する。火加減が難しいローストビーフでも、表面をじっくり焼き、中はレアに仕上げることができるのだという。

一般的に、ローストビーフのような塊肉を調理する場合、肉が生焼けにならないようにするため、調理前に冷蔵庫から出し肉を室温に戻すという工程がある。しかし、MRO-TW1では、レンジを組み合わせて調理をするのでそうした室温に戻す作業がいらない。思いたったらすぐに塊肉の調理ができるというわけだ。

○メニューが充実した

さらに、新製品ではメニューの開発にも力を入れた。主菜1品と副菜2品をまとめて作る「おかずセット」や、3品合計で400kcal以下に抑える「ヘルシーおかずセット」、できあがったおかずにアレンジを加える「リメイクレシピ」など、レシピのレパートリーを広げた。

スマートフォンから見られる「Webレシピ集」も用意。フリーワード検索や調理分類からの検索、解凍のコツなど、使い方のアドバイスも役に立つ。

取扱説明書やレシピ集があっても、面倒に感じてじっくり読むことは少ない……という人は多いはず。スマートフォンで検索できるようになると、通勤時間や買い物時など、いつでも手軽に確認できるので、より使いこなせるのではないだろうか。
(伊森ちづる)

関連記事(外部サイト)