iPhoneではできないiCloudメールの設定があるってホント? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

iPhoneではできないiCloudメールの設定があるってホント? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

画像提供:マイナビニュース

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『iPhoneではできないiCloudメールの設定があるってホント?』という質問に答えます。

***

はい、本当です。iCloudメールの設定は、『設定』→「メール」画面で行うことができますが、それ以外の設定項目が存在します。

iCloudメールは、iPhoneにくわえてiPad/iPod Touch、Mac(macOS)をサポートしていますが、IMAPという方式をサポートするメールアプリ(IMAPクライアント)を利用すると問題なく送受信できます。メールサーバにアクセスするためのユーザID(iCloudメールのメールアドレス)とパスワードさえ把握していれば、OS/ハードウェアの別なしに利用できます。

WEBブラウザから「http://icloud.com」にアクセスすることでも、iCloudメールのサービスを利用できます。IMAP方式のメールサービスは、受信したメールをサーバ(クラウド)に貯え必要に応じて手もとにダウンロードするしくみですから、どのパソコン/スマートフォンからアクセスしてもまったく同じ状態になることがポイントです。

しかし、いくつかの機能は、WEBブラウザ経由でアクセスしたときに限り設定項目が表示されます。画面左下の歯車ボタンをクリックすると現れるメニューで「環境設定...」を選ぶと、設定パネルが現れますが、そこには「休暇」タブがあります。このタブは、iOS/macOSに付属のメールアプリでは表示されません。

「休暇」タブを利用すると、休暇期間を設定し、その期間内にiCloudのメールアドレス(XXX@icloud.comなど)に届いたメッセージに対し自動返信できます。返信は着信直後に自動実行されるので、メール送信者に対しすぐに不在を知らせることが特長です。相手を選ばないため、メールマガジンやセール情報のメールに対しても返信してしまうことが難点ですが、iCloudメールをプライベートな用途でのみ使用している場合に便利に使える機能です。
(海上忍)

関連記事(外部サイト)