キヤノンの新メンテナンスサービス、カメラやレンズを精密オーバーホール

キヤノンの新メンテナンスサービス、カメラやレンズを精密オーバーホール

画像提供:マイナビニュース

キヤノンは「あんしんメンテ」のプランに「オーバーホール」を追加、7月20日より受付を開始する。あんしんメンテは、キヤノンが行うレンズ交換式デジタルカメラや交換レンズ向けのサービス。依頼するには、引き取りサービスを利用するか、もしくはキヤノン修理センターへの直接持ち込みが必要。

あんしんメンテのプランには、カメラ本体やCMOSセンサーの表面などを清掃する「スタンダード」と、清掃のほか画質にかかわる様々な精度と動作を点検する「プレミアム」がある。今回、本来の精度と機能を発揮できるようにカメラを回復させる「オーバーホール」が加わった。ユーザーはカメラの状態に合わせてプランを選択することができる。

オーバーホールプランは日常的に撮影を行う人や仕事で機材を使用する人など、カメラとレンズの使用頻度が高い人におすすめのプラン。キヤノン修理センターに務める豊富な経験と知識を持つ技術者が製品を分解し、内部を細かく検査・清掃する。また、交換が必要な部品を特定、交換を行う。その後、摩擦や摩耗を抑えるため箇所ごとに最適な潤滑油を注油し、部品を丁寧に組み上げて調整。カメラやレンズの精度と機能をもう一度厳重に検査する。

預かり期間は1週間から10日程度で、対象製品はレンズ交換式デジタルカメラと交換レンズ。なお、エントリー系のモデルとミラーレスカメラ、およびEF-SレンズとEF-Mレンズは対象外となる。メンテナンスの目安価格は下記の通り。機材の状態や部品の交換点数によって前後する。

○交換レンズ(EFレンズ)

ズームレンズ

単焦点レンズ

そのほかの交換レンズ(EFシネマレンズを除く)
(瀬尾俊輔)

関連記事(外部サイト)