ドラマ「過保護のカホコ」から誕生、成長するAIカホコとLINEで会話

ドラマ「過保護のカホコ」から誕生、成長するAIカホコとLINEで会話

画像提供:マイナビニュース

日本テレビ、NTTレゾナント、フォアキャスト・コミュニケーションズの3社は、日本テレビ系列で7月12日22時から放映されるドラマ「過保護のカホコ」と連動した、AI(人工知能)会話サービス「AIカホコ」を7月7日からLINEアプリ上で提供している。「過保護のカホコ」は高畑充希主演の日本テレビ系列水曜ドラマ。過保護に育てられてきた女子大生・カホコが自分と正反対の人生を送ってきた青年・初と出会い、成長してゆく物語。

AIカホコは、ドラマの主人公「カホコ」がAIのキャラクターとなり、LINEアカウント上でユーザーと友人同士のような会話ができるサービス。AIカホコはドラマの放送が終わると毎週、1週間分のユーザーとの会話履歴やドラマの内容のほか、回のテーマに関係ある「教えて! goo」の単語などをディープラーニングで学習する。ドラマの進行と連動してAIカホコも毎週進化していき、徐々に会話の文脈に即した自然な応答ができるようになるという。

利用方法は「LINE」のQRコード、もしくは「友達追加」から「AIカホコ」と検索し友達に追加する。
(瀬尾俊輔)

関連記事(外部サイト)