LINEのスマートスピーカー「WAVE」、先行体験版が14日に予約開始

LINEのスマートスピーカー「WAVE」、先行体験版が14日に予約開始

画像提供:マイナビニュース

LINEは、スマートスピーカー「WAVE」の先行体験版について、7月14日に予約受付を開始するとアナウンスした。AIプラットフォーム「Clova」のWebサイトでは、7月12日の時点で「先行体験版、予約開始まであと2日」と表示されている。

WAVEは、3月にスペイン・バルセロナで開催された「MWC 2017」にて構想が明かされたスマートスピーカー。LINE独自のAIプラットフォーム「Clova」を搭載、「Amazon Echo」のように本体に話しかけて操作できる。たとえば、音声によるLINEのやりとり、ニュースや天気・占い情報などコンテンツの呼び出し、スマート家電の制御、オーディオブックの読み聞かせなどが行える。また「LINE MUSIC」とも連携し、約4,000万の楽曲を再生できるという。

先行体験版は機能を音楽再生に絞って提供すると見られており、価格は税別10,000円。今後は、正式版の販売に合わせ機能をアップデートし、正式版と同等のフル機能が使用できるようになるという。正式版の発売は2017年秋で、価格は税別15,000円。

関連記事(外部サイト)