ドン・キホーテ、「ジェネリックREGZA」の異名をとる4Kテレビ予約再開

ドン・キホーテ、「ジェネリックREGZA」の異名をとる4Kテレビ予約再開

画像提供:マイナビニュース

ドン・キホーテは7月14日、プライベートブランド「情熱価格 PLUS」の「50V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ (LE-5050TS4K-BK)」の予約受付を再開した。同商品は税別54,800円という安さながら、東芝映像ソリューション製のメイン基板を搭載していることから、ネット上で「ジェネリックREGZA」と呼ばれて人気が沸騰。6月15日の発売から1週間で初回生産分の3,000台を完売していた。

LE-5050TS4K-BKは、画面サイズが50V型、4K(3,840×2,160ドット)の表示に対応した液晶テレビ。地上デジタル/BS/110度CSチューナーを2基搭載している。その他の仕様は、内蔵スピーカーは実用最大出力8W+8W、インタフェースはHDMI入力×3基(うち1基はHDMI 2.0対応)、有線LAN端子×1基、USB×1基、RCA入力×1基、光デジタル音声出力×1基。本体サイズは約W1127×D66×H671mm、重量は11.01kg(スタンドあり)。

なお、東芝映像ソリューションは同社製デジタル基板を採用した他社製液晶テレビについて、「製品としての当該液晶テレビについての性能や品質を保証するものではありません」との声明を出している。
(国後シロー)

関連記事(外部サイト)