キヤノン「EOS 6D Mark II」、8月4日に発売決定

キヤノン「EOS 6D Mark II」、8月4日に発売決定

画像提供:マイナビニュース

キヤノンマーケティングジャパンは、フルサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS 6D Mark II」の発売日を8月4日に決定した。ボディ単体、24-70 F4L IS USM レンズキット、24-105 IS STM レンズキットを同時に発売する。キヤノンオンラインショップにおける価格は下記の通りだ。

EOS 6D Mark II ボディ単体 225,000円 (以下すべて税別)
EOS 6D Mark II・24-70 F4L IS USM レンズキット 327,000円
EOS 6D Mark II・24-105 IS STM レンズキット 269,000円

EOS 6D Mark IIは、前モデル「EOS 6D」を約5年ぶりに刷新したフルサイズ機。有効約2,620万画素のCMOSセンサー、最新の画像処理エンジン「DIGIC 7」を搭載するなど、ほぼ全てのスペックを向上させたフルモデルチェンジとなっている。小型軽量設計を追求しており、ボディサイズはW144.0×H110.5×D74.8mm、重さは約685g (本体のみ)。可動式液晶モニターを搭載したフルサイズ機としては世界最軽量となる (同社調べ)。

発売日の8月4日から実施する「EOS 6D Mark II Live!フルサイズキャンペーン」では、応募者全員にもれなく、東京オリンピックのエンブレム作者である野老朝雄氏のオリジナルストラップをプレゼント。さらに、バッテリーパック「LP-E6N」とサンディスク エクストリームSD UHS-Iカード (64GB) のセット、もしくはサンディスク エクストリーム500ポータブルSSD (250GB) のいずれかを進呈する。

また、純正アクセサリーのバッテリーグリップ「BG-E21」も同時発売となる。こちらの希望小売価格は税別22,000円。
(阿部求己)

関連記事(外部サイト)