ポケモンデザインのBluetoothスピーカーやモバイルバッテリー、Ankerから

ポケモンデザインのBluetoothスピーカーやモバイルバッテリー、Ankerから

画像提供:マイナビニュース

米Ankerは、Bluetooth スピーカー「Anker SoundCore ピカチュウ」(税込4,980円)、モバイルバッテリー「Anker PowerCore サンダー/ファイヤー/フリーザー 10000」(税込2,980円)、「Anker PowerCore ピカチュウ/ヒトカゲ 5200」(税込2,480円)を7月17日に発売した。

○Anker SoundCore ピカチュウ

「Anker SoundCore ピカチュウ」は、Bluetoothスピーカー「Anker SoundCore」に「ピカチュウ」をデザインしたモデル。音のゆがみを1%未満に抑え、その場で演奏されたような透き通った音が楽しめるという。約5時間で充電でき、連続再生時間は80%の音量で約24時間を実現した。入力は5V/1A、出力は3W×2。サイズは約W165×D45×H54mm、重量は約365g。

○Anker PowerCore サンダー/ファイヤー/フリーザー 10000

「Anker PowerCore サンダー/ファイヤー/フリーザー 10000」は、モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」に伝説のポケモン「サンダー」「ファイヤー」「フリーザー」をデザインしたモデル。電池残量を示すLEDは各ポケモンのカラー(黄、赤、青)に合わせた色に点灯する。容量10,000mAh以上のモバイルバッテリーの中では、約W60×D92×22mm、重量約180gと、世界最小かつ最軽量(2017年6月末時点、Anker調べ)だ。さらに、Ankerが独自開発したPowerIQを搭載、最大2.4Aでの急速充電が可能。入力は5V/2A、出力は5V/2.4A。出力ポートはUSBポート×1。充電用のMicroUSBケーブルのほか、オリジナルデザインのトラベルポーチを同梱する。

○Anker PowerCore ピカチュウ/ヒトカゲ 5200

「Anker PowerCore ピカチュウ/ヒトカゲ 5200」は、モバイルバッテリー「Astro E1 5200mAh Portable Charger」に「ピカチュウ」「ヒトカゲ」をデザインしたモデル。iPhone 7に約2回、Xperia XZに約1.2回、iPad mini 4に約0.6回の充電ができる。コンパクトな大きさで、約W4.3×D9.6×H2.2p、重量は約125gだ。入力は5V/1A、出力は5V/2A。出力ポートはUSBポート×1。充電用のMicroUSBケーブルのほか、オリジナルデザインのトラベルポーチを同梱する。

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Poke?mon
(瀬尾俊輔)

関連記事(外部サイト)