"真夏のドライヤー暑すぎ問題"から開放!? - ダイソンの新しい「Supersonic」はこんな人に向いている

"真夏のドライヤー暑すぎ問題"から開放!? - ダイソンの新しい「Supersonic」はこんな人に向いている

画像提供:マイナビニュース

●強烈な突風がショートボブを襲う
夏が来るたびに毎年悩むのが、「真夏のドライヤー暑すぎ問題」。私は汗っかきなので、せっかくお風呂でサッパリしても、火照ったカラダから再び汗が流れ出してしまいます。

かといって冷風設定にしても、弱くてぬるい風が届くだけで一向に髪が乾きません。両手が塞がるのでスマホはいじれず、ドライヤー音でテレビも見られないので気も紛らわせない。ヘアドライは、不快で、非生産的で、面倒くさい行為なのです!

そんななか、「Dyson Supersonic ヘアードライヤー」の新モデルが出たとのことで、さっそく試してみました。

○コンパクトサイズなのにハイパワー!

私の毛髪事情はこんな感じ。

髪型: 前下がりショートボブ
髪質: 多・太・硬。クセありなのでストレートパーマをかけている
悩み: ボリュームがあり全体が広がりやすい。髪も痛みがちで、アホ毛と毛先のパサつきが気になる

Dyson Supersonicを試すのは今回が初めてだったので、まず本体のコンパクトさにびっくり。ヘッド部分が手持ちのドライヤーの半分以下のサイズしかなく、安定して持つことができました。

スイッチをオンにすると、大風量とは思えない「キューン」という線の細い運転音が。「あれ、期待しすぎたかも…」と不安を覚えつつ使い始めた次の瞬間、強烈な風が我が毛髪に襲いかかりました。

普段フェイスパックをしながらドライヤーをかけるのですが、あまりの風量にパックが剥がれ、拾おうとアタフタして一人ドリフ状態。しかしその威力にもすぐに慣れ、多・太・硬のショートボブを5分程度で乾かすことができました。普段使うドライヤーでは8分以上かかるので、およそ2/3の時間短縮です。

速乾性と同じくメリットを感じたのが、温風によるやけどに気を遣わずにすむこと。一般的なドライヤーの温風温度は100度〜120度あり、同じ箇所に風を当て続けるとやけどの恐れがあります(「髪から○cm離す」「1箇所に温風を当てるのは○秒以内に」等の注意書きがあるのもそれが主な理由)。そのため私はドライヤーを左右に振ったり、もう片方の手で髪をちらしたりしていました。

しかしDyson Supersonicは、風速を最大にした際の最高温度が78度程度。温度センサーによって温度が上がりすぎないようコントロールする機能により、過度の熱によるダメージを防ぎます。

そのため右手で適当にドライヤーを当てていても、やけどや髪の痛みを気にせず、左手でスマホをいじりながら乾かすことができました。ヘアドライの5分くらい、スマホから離れろよって話ですが。

●アタッチメントも使ってみる
○ブロー慣れしているなら、アタッチメントも活用しよう

風圧が強いドライヤーは、速乾性は高いのですが、まとまりにくい点がデメリットでもあります。Dyson Supersonicはマイナスイオンで静電気を抑え、髪をまとまりやすくしているそうですが、仕上がり時の毛先のパサつきは正直気になりました。

そこで仕上げのブローに役立つのが、3つのアタッチメントです。乾かしながらブローもできる「スムージングノズル」、ロールブラシなどと併用してポイントスタイリングに使える「スタイリングコンセントレーター」、ウェーブヘアがふんわり仕上がる「ディフューザー」を付属しています。

ダイソンおすすめのスタイリング方法は以下の通り。

最大風量・最大温度で根元、襟足の部分から8割程度乾かす
スムージングノズルを取り付けて、根元から毛先に向けてハンドブロー
風量1、温度3で顔周りの髪を整え、ツヤを出す

って、えー。めんどうくさい(ごめんなさい)。美容師さんにスタイリング不要の髪型をお願いするほどスタイリングが苦手な私にとって、アタッチメントは宝の持ち腐れでした。

その一方で、毎日ブローに時間をかけている女性にとってはかなり使いやすいはず。マグネット式で簡単に着脱できますし、ノズルは360度回転するので、好きな風向きに調整できます。さらに新モデルでは、低風量時の最高温度を78度から100度に引き上げ、風量を弱めることで、日本人の太い髪でもスタイリングしやすいよう改良されました。

私もディフューザーの意外な使い方を発見。髪の上から軽く押すように当てていくと、ボリュームがダウンしきれいにまとまりました。雨の日の朝に使えば、髪が広がるのを抑えてくれそうです。

毎朝ブローする人や、スタイリングが好きな人はより使いこなせるのではないでしょうか。プロのサロンから好評の製品というのも納得です。

●どんな人にとって「買い」か?
○Dyson Supersonicに向いている人、向いていない人

価格は45,000円(税別)と個人向けドライヤーの中では高価格帯ですが、業務用ドライヤーに近いパワフルさを考えれば、妥当な価格に思えてきます。以下に当てはまる項目が多ければ、購入後の満足度も高いハズ。

ヘアドライの時間をとにかく短縮したい
暑い日でも快適に髪を乾かしたい
毎日使うものだから、かっこいいアイテムで気分を上げたい
手持ちのドライヤーでのブローに悩みがある

一番おすすめしたいのは、子育て中のママがいる家族! 母親は子どもが小さいうちはとにかく世話で手一杯で、自分にかける時間がありません。4歳と1歳の子を持つ姉が、「髪を乾かすことすらできない……」と泣く泣くタオルドライのまま放置していて同情しました。妊娠前はスタイリングまでちゃんとしていたのに。感謝の気持ちを込めて、パパからママへの感謝のプレゼントとして贈ってみるのもアリだと思います。

一方で、ツヤやまとまりといった髪質改善を求める人にとっては、劇的な変化は感じにくいのも事実。ドライヤーに何を期待するかで、評価が大きく分かれる製品ではないでしょうか。
(らいら)

関連記事(外部サイト)