宅外視聴アプリ「DiXiM Play」がFireタブレットに対応

宅外視聴アプリ「DiXiM Play」がFireタブレットに対応

画像提供:マイナビニュース

デジオンは20日、ネットワークプレーヤーアプリ「DiXiM Play」のAmazon Fireタブレット対応版である「DiXiM Play Fire OS版」をリリースした。同日よりAmazonアプリストアからダウンロードできる。ライセンスの販売価格は買い切りプランで税込700円 (7月31日までのキャンペーン価格、通常は税込1,404円)、月額プランで税込100円となる。

DiXiM Play Fire OS版は、宅外視聴に対応したネットワークプレーヤーアプリ。レコーダーやサーバーに保存されている録画番組や放送中のテレビ番組をはじめ、動画、音楽、写真ファイルなどネットワーク上のコンテンツを「Fire 7」「Fire HD 8」などのFireタブレットで視聴できる。以前より発売されているiOS版 / Android版 / Windows版と同様の機能を持ち、録画番組の持ち出し再生にも対応している。

アプリのインストールはAmazonアプリストアから無料で行えるが、継続利用する場合は別途DiXiM Storeからのライセンス購入 (買い切りプラン、月額プラン)が必要となる。今回のDiXiM Play Fire OS版発売を記念して、買い切りプランの販売価格が通常税込1,404円のところを700円で購入できる半額キャンペーンを、7月31日までの期間限定で実施する。
(朝岳健二)

関連記事(外部サイト)