カシオ、山形に時計専用の新工場

カシオ、山形に時計専用の新工場

画像提供:マイナビニュース

カシオ計算機の国内生産拠点となっているのが、山形カシオ。「Premium Production Line」と呼ばれる生産体制の中では、G-SHOCKやOCEANUS、PRO TREKといった時計ブランドのプレミアム製品を作っており、高い技術を有する認定者のみが組み立てを行う。

その山形カシオに、時計専用の新しい工場が建設される。2017年7月に着工、2018年4月に竣工、2018年5月から稼働する予定だ。新工場の延床面積は約4,000平米、最大生産能力(理論値)は月産16,000個、投資額は約20億円。

新工場では、時計の基幹部品となる精密歯車(現在の工場から新工場へ移設)、および駆動装置のアナログムーブメントを製造。これにより、時計の完成品までを一連の工程で組み立て可能となり、生産効率の向上を図る。精密な部品を扱うクリーンルームをフロアの中心に据え、ゴミやチリを徹底して排除。高い品質と効率的な生産を実現する時計専用の工場とする。

また、クリーンルームは従来比で1.5倍の床面積を持つなど、設備の増強にも対応できるようにした。生産の拡大、時計事業の拡大に向けた、生産能力の強化も新工場の目的となる。将来的には、3D設計データをエンジニアリングチェーン全体に適用し、生産ラインの自動化や制御を行うロボット、IoTを導入。グローバルな生産体制の中核をなす、スマート工場に進化させていくという。

関連記事(外部サイト)