ネスプレッソ史上最小・最軽量のコーヒーメーカー「Essenza Mini」

ネスプレッソ史上最小・最軽量のコーヒーメーカー「Essenza Mini」

画像提供:マイナビニュース

ネスレネスプレッソは8月1日、カプセルコーヒーメーカー「Essenza Mini(エッセンサミニ)」を発表した。発売は9月1日。希望小売価格は11,880円(税込)。大きさが異なるタイプCとタイプDを用意した。このうちタイプCは、同社のコーヒーメーカーとして史上最小・最軽量となる。

Essenza Miniは、スタイリッシュかつ省スペースにデザインされたカプセルコーヒーメーカー。別売りのカプセルコーヒーをセットし、1カプセルで1杯のコーヒーを抽出する。コンパクトながら、最大19気圧と高圧力な抽出システムを採用している。

本体カラーは、タイプCがピュアホワイト、インテンスグレー、ピアノブラック。タイプDがピュアホワイト、ライムグリーン、ルビーレッド。本体サイズは、タイプCがW84×D330×H204mm、タイプDがW110×H205×D325mm。重量はどちらも2.3kg。水タンク容量は約0.6リットル。定格消費電力は1,260W。ネスプレッソカプセルコーヒー「グラン・クリュ」お試しセットを同梱する。
(瀬尾俊輔)

関連記事(外部サイト)