JVCから「重低音&タフ」のBluetoothイヤホン、内蔵アンプでバスブーストも

JVCから「重低音&タフ」のBluetoothイヤホン、内蔵アンプでバスブーストも

画像提供:マイナビニュース

JVCケンウッドは2日、JVCブランドから「重低音&タフ」をコンセプトとしたXX (XTREME XPLOSIVES)シリーズのBluetoothイヤホン「HA-FX33XBT」「HA-FX11XBT」を発表した。発売は8月上旬。価格はオープンで、推定市場価格はHA-FX33XBTが10,000円前後、HA-FX11XBTが8,000円前後 (すべて税別)。

○HA-FX33XBT

HA-FX33XBTは、直径10mmのネオジウムドライバーユニットを採用し、迫力のある重低音を再生できるというBluetoothイヤホン。内蔵アンプにより低音を増強するバスブースト回路(オンオフ切り替え可能)を搭載している。また、カーボン振動板とメタルボディにより、外部からの衝撃を抑え不要な振動も低減する。

ネックバンド部にはフレキシブルな素材を採用しており、首回りにフィットしやすくなっている。また、ハウジングを衝撃から守るエラストマー素材のラバープロテクターを使用している。連続再生時間は約14時間。音楽の再生 / 一時停止 / スキップ / ハンズフリー通話が可能なマイク&リモコンも備えた。カラーはブラック&レッド / レッド / シルバーの3色。

主な仕様は以下の通り。

再生周波数帯域: 20Hz〜20kHz
インタフェース: Bluetooth 4.2
コーデック: SBC
重量: 約47g
付属品: イヤーピースS/M/L各2個、充電用USBケーブル

○HA-FX11XBT

HA-FX11XBTは、カーボン振動板とメタルボディを使用していないモデル。ブラック&レッド / ブラックの2色を用意し、推定市場価格は8,000円前後(税別)。その他の仕様はほぼ共通。
(リアクション)

関連記事(外部サイト)