パナソニック、かたまり肉を炙り焼きできるロティサリーグリル&スモーク

パナソニック、かたまり肉を炙り焼きできるロティサリーグリル&スモーク

画像提供:マイナビニュース

パナソニックは8月2日、かたまり肉を丸ごと炙り焼きできるロティサリーグリル&スモーク「NB-RDX100」を発表した。発売は11月上旬。価格はオープンで、推定市場価格は税別55,000円前後。

NB-RDX100は、食材ごと360°回転する機構と、遠近赤外線ダブル加熱により、食材をムラなく均一に焼き上げる「360°回転ロティサリーグリル」を搭載。ローストビーフや焼豚などの本格的な肉料理を家庭で手軽に楽しめる製品だ。

ロティサリーグリルに加え、燻製、オーブン、トースターの機能も搭載。火力や温度、時間を細かく制御する8つのオートメニューにより、スモークチーズや燻製卵などが簡単に作れる。トーストは一度に4枚まで並べられるほか、直径25cmのピザも焼ける。

減煙機構は、触媒フィルターと触媒専用フィルター、強制排気ファンで構成。庫内天井には、調理と同時に汚れを分解するセルフクリーニングコートを、さらに庫内側面と奥面には拭き取りを容易にする塗装を施す。汚れにくく拭き取りやすいので、お手入れも簡単だ。

外形寸法はW410×D410×H283mm、庫内寸法はW270×D290×H112mm、受皿(内寸)はW252×D250×H18mm。重量は約8.4kg (焼き網使用時)。消費電力はオーブンが約1,350W、グリルが約1,350W、ロティが約990W、燻製が約840Wとなる。
(諸山泰三)

関連記事(外部サイト)