東芝のコードレススティック掃除機「TORNEO V」- ハンディで使えるタイプも

東芝のコードレススティック掃除機「TORNEO V」- ハンディで使えるタイプも

画像提供:マイナビニュース

東芝ライフスタイルは8月3日、サイクロン式のスティック型コードレスクリーナー「TORNEO V cordless (トルネオ ヴイ コードレス)」の新モデルを発表した。アタッチメント付きのフルスペックモデル「VC-CL1400」とスタンダードモデル「VC-CL400」を用意する。発売は9月上旬で、価格はオープン。推定市場価格は、VC-CL1400が75,000円前後、VC-CL400が55,000円前後。

VC-CL1400とVC-CL400は、高い集じん能力と軽い走行を実現する「ラクトルパワーヘッド」を備えたスティッククリーナー。カラーはVC-CL1400がグランレッドとグランブロンズ、VC-CL400がホワイトを用意する。

クリーナーを持ち上げる手の負担を軽くするため、手を添えるグリップを支点として、サイクロンカップと充電池をバランスよく配置。本体、延長管、パワーヘッドには軽くて丈夫なグラスファイバー素材を使用し、合計質量は1.9kgとなっている。グリップは同社キャニスタータイプと同様、持ちやすいラウンド形状を採用。手首や肘を曲げずにクリーナーを前後に動かせる。

微細な塵や花粉を99%以上分離する「バーティカルトルネードシステム」を搭載。これが排気清浄フィルターのゴミ付着による目詰まりを防ぐため、吸引力が99%以上持続するという。バッテリー駆動時間は強モードで約8分、おまかせモードで約8〜20分、標準モードで約20〜25分。また、ゴミの有無を確認できる「ゴミ残しまセンサー」を備える。

外形寸法はW266×H1,030×D224mm。本体のみの重量は1.4kg。2モデル共通の付属品は、ACアダプター、壁掛け用ホルダー、すき間ノズル、丸ブラシ、お手入れブラシ。VC-CL1400のみ、砂ゴミや砂ホコリを吹き飛ばすエアブローノズルや、ふとん用ブラシなどを同梱する。

○2in1コードレスクリーナー「VC-WL100」

同時に、2in1タイプのサイクロン式のコードレスクリーナー「VC-WL100」も発表した。スティック型としてもハンディ型としても使える。発売は11月。価格はオープンで、推定市場価格は30,000円前後。

関連記事(外部サイト)