写真甲子園2017 - 感じて、考えて、走り回ってシャッターを押す怒涛の4日間

写真甲子園2017 - 感じて、考えて、走り回ってシャッターを押す怒涛の4日間

画像提供:マイナビニュース

●夏の北海道・東川町で「写真漬け」
写真甲子園2017こと「第24回 全国高等学校写真選手権大会」が7月25日から28日まで北海道・東川町を中心としたエリアで開催された。和歌山県立神島高等学校が優勝したのは速報の通りだが、ここでは、夏の北海道で繰り広げられた熱い写真魂のぶつかり合いを紹介しよう。

○写真甲子園、その「本戦」とは

今年で24回目を数える写真甲子園は毎年7月下旬に本戦が行われる。主催者は、東川町/美瑛町/上富良野町/東神楽町/旭川市/北海道新聞社/全国新聞社事業協議会で構成される写真甲子園実行委員会だ。本戦に出場できるのは全国から選ばれた18校。まず、8枚1組の組写真を応募し、全国11ブロックで開かれる初戦審査会を通過して、次にブロック別公開審査会を突破しなければならない。今年の初戦応募校数は526校あり、本戦に出場するだけでもすさまじく狭い門だ。筆者は東京ブロックの公開審査会で代表校が決定する瞬間を見てきたのだが、その時の選手たちの喜びようは今でも記憶に残っている。

本戦は4日間かけて行われ (初日はオリエンテーション)、朝起きてから夜寝るまでそれこそ「写真漬け」の毎日を送ることになる。朝8時から撮影ステージが始まり、15時からはセレクト会議、夜には公開審査会が行われる。撮影前日に作品のテーマが指定されるので、それに沿って写真を撮って選び出し、組写真として構成する。1日目のテーマは「自然」だったが、2日目、3日目は人に関わるテーマだったので、コミュニケーション能力を問われる大会でもあった。

カメラ機材については公平性を保つため、特別協賛のキヤノンおよびキヤノンマーケティングジャパンより一式が選手に貸し出しされる。今年は4月に発売された最新モデル「EOS 9000D」を中心としたセットだった。

じっくり作品づくりができる初戦と違い、時間に制限がある本戦では迅速な行動がカギとなる。一つのステージで撮影できる時間は2時間。その間にテーマに当てはまる被写体を探し出し、考え、時には感性に任せてシャッターを切る。とにかくシャッターボタンを押さないと始まらないので、優勝した神島高等学校の恵納崇先生が言っていた「1分に1回、自分の感情を高めてシャッターを切る」に、ああ、なるほど! と思うわけだ。

提出できる作品は撮って出しのJPEGのみ。撮影後にPCでレタッチすることは禁止で、ホワイトバランスとピクチャースタイル (※1) のみ変更できる。もちろん、クリエイティブフィルター (※2) もNGだ。

※1 キヤノン独自の色調プリセット。「スタンダード」「ポートレート」「風景」「ディテール重視」「ニュートラル」「モノクロ」などが用意されている

※2 キヤノン独自のデジタル処理による画像フィルター効果。「ラフモノクロ」「HDRグラフィック調」「トイカメラ風」「ジオラマ風」などの効果を適用できる。

●選りすぐりの組写真で、いざ公開審査会へ
○撮るよりも苦労する? セレクト会議

セレクト会議ではテーマに沿った作品を選ぶわけだが、これも2時間という制限があるのでかなりの難作業。ストーリー性や見栄え、そのほか表現したいものを8枚の写真に詰め込むわけだから、悩んだり意見が割れたりするのもよくあることだ。そのため、監督が20分間だけアドバイスできる「テクニカルタイム」が設けられている。このテクニカルタイムの間は、報道陣にも中の様子が公開されるので、邪魔をしないように様子をうかがう。その後は3人で突き詰めた作品を実行委員会に提出し、選手はいったん緊張感から解放される。

地元ボランティアの方が提供してくれる夕食をとった後に、2時間の公開審査会が開催される。この審査会は始めから終わりまですべて一般公開されるので、目の肥えた地元の人たちが観客として詰めかけ、会場は熱気に包まれながら進行する。各校の作品はスクリーンに映し出され、選手が撮影意図を簡単に説明した後、審査員が講評を述べる。

今回の審査委員は、写真家の立木義浩氏、竹田津実氏、長倉洋海氏、鶴巻育子氏、公文健太郎氏、北海道新聞社 写真部次長の野勢英樹氏、この6人のスペシャリストが担当する。審査員は率直な感想から次に向けての改善点の提示、写真に対しての姿勢などについてコメントする。とくに審査委員長の立木氏のコメントは手厳しい意見も多いが、時にはユーモアたっぷりで面白く話すので会場は爆笑の渦に包まれる。まさに「立木劇場」。このやりとりを見たくて会場に足を運んでいる人も多いのではと思うほどだ。

○審査員の厳しい指摘、その裏に

最終日の公開審査会が終わると、いよいよ表彰式。4日間にわたる熱戦の結果が発表される。今大会、優勝したのは和歌山県立神島高等学校。準優勝は北海道岩見沢高等養護学校、優秀賞の5校には青森県立弘前南高等学校、千葉県立四街道高等学校、女子美術大学付属高等学校、山口県立下松高等学校、沖縄県立浦添工業高等学校が選ばれた。

表彰式でステージ上に呼ばれた選手たちの喜ぶ顔を見ていると、お互いにハードな日程を過ごしたこちらも思わずうれしくなる。閉会式では審査員が連日を振り返ってコメントするのだが、今回初めて審査員を務めた公文氏は、「僕は若い頃に作品を見てもらった先生に『これなら自分は一週間で撮れるよ』と言われてショックを受けましたが、逆にそれが今では『上手く撮れたけど、一週間で撮れるようなものではないか? ちゃんとしたものであるのか?』と、人に見せる時にいつも考えるようにしています」と審査員の厳しい指摘もその後に活かされる旨を選手たちに伝えていた。

最後に審査委員長の立木氏は、「今後も写真を撮っていると壁にぶつかります。とりあえずは途中で写真をやめないように。学校を卒業しても写真と付き合ってもらうと、なんかいいことあります。いいことなかったら電話ください(笑)。お疲れさまでした!」と同氏らしいコメントで会場を沸かせた。

●筆者が選ぶ、印象に残った作品
最後に表彰された学校の中から僭越ながら筆者が印象に残った作品をいくつか紹介しよう。

北海道岩見沢高等養護学校は、初戦を含め、独特の感性が評価された。それを表現する技法もさることながら、ありふれた日常をまったく異なる空間に変える才能を見て、審査員の鶴巻氏は「独自の世界観を作り上げていて感心しました」と高く評価していた。ちなみに1枚目の写真はバーベキューを写したものだ。

セカンドステージでは立木氏に、「シャッターを押す前にも気をつかってください!」とお説教された山口県立下松高等学校の選手たちだが、ファイナルステージでは見事に挽回。フレーミングやアングルなど高評価を得た。同氏は「ちょっとしたことが写し取れる写真はやめられないでしょ。これからも続けてください」とご満悦だった。

東京ブロック審査会では歌舞伎町で撮影した写真で高い評価を得た女子美術大学付属高等学校。ファーストステージでは微妙な感じの評価であったが、セカンドステージ、ファイナルステージでは実力を存分に発揮した。公文氏は「とてもいいのが、写真とプレゼンテーションがそろっていることです。なんとなく力を抜いて撮っている感じですが、きちんと頭の中ではどうやって撮っていくか考えられているのが素晴らしいです」と称賛した。

※ 作品写真、すべて写真甲子園実行委員会提供
(野村シンヤ)

関連記事(外部サイト)