すべてデュアルカメラ - 写真に本気なZenFone 4シリーズ

すべてデュアルカメラ - 写真に本気なZenFone 4シリーズ

画像提供:マイナビニュース

●セルフィー強化のZenFone 4 Selfie
台湾ASUSTeK Computerは8月17日、台北市内でスマートフォンの新製品「ZenFone 4」シリーズの発表会を開催した。「ZenFone 4」「ZenFone 4 Pro」「ZenFone 4 Selfie」「ZenFone 4 Selfie Pro」「ZenFone 4 Max Pro」の5モデルが発表され、同社の会長であるJonney Shi氏が「ZenFone 4シリーズによって、モバイルフォトにおけるベストな体験を提供し、最高の瞬間を簡単に共有できるようにする」と自信を見せた。

ZenFone 4シリーズは、発表会のテーマが「We Love Photo」であったとおり、カメラ機能を重視した点が特徴だ。発表された5モデルすべてがデュアルカメラを搭載しており、機能や画質面での強化が図られている。Shih氏はデュアルカメラに加えて、120度という超広角レンズや、独自の「SuperPixel Engine」による画像処理といった点もアピールする。

○イン側がデュアルカメラでセルフィー強化のZenFone 4 Selfie

今回のZenFone 4発表会はグローバル向けの端末発表だが、参加したのはアジア太平洋地域のメディアだったためか、最初に紹介されたのはセルフィー機能を強化した「ZenFone 4 Selfie」「ZenFone 4 Selfie Pro」だ。グローバルモデルの価格は、ZenFone 4 Selfie Proが379ドル、ZenFone 4 Selfieが279ドル。

2モデルとも、一般的なリアカメラではなく、インカメラ側をデュアルカメラとしているのが特徴。ZenFone 4 Selfie Proは、メイン側のセンサーに有効画素数1,200万画素のソニー製IMX362センサー、サブ側に有効画素数1,600万画素センサーを搭載する。このサブ側のレンズが120度という超広角となっている。

面白いのが「DuoPixel」テクノロジーと呼ばれる機能で、1,200万画素のセンサーを使って2,400万画素相当の画像を記録できるというもの。デュアルピクセルセンサーは、1つのマイクロレンズに対して2つのフォトダイオードが配置され、位相差AFセンサーとしても動作するが、画像記録時は2つのフォトダイオードを1つの画素として利用する。DuoPixelでは、それぞれのフォトダイオードで画像を撮影して、画像を合成することにより、有効画素数の倍となる画像を記録する仕組みだという。

Snapdragon 625のISP(画像処理プロセッサ)を利用しつつ、画像処理エンジンとして「SuperPixel Engine」を搭載することで、高感度とノイズ低減を実現するとしている。

インカメラでも4K動画の撮影に対応。フルHDであれば60pでの動画撮影も可能だ。もちろんビューティーモードも搭載するほか、インカメラ用に柔らかに発光するソフトライトLEDフラッシュも装備し、影が強く出て平坦になりがちなセルフィー向けのフラッシュとして配慮されている。セルフィー用の機能を複数盛り込んだ「ASUS SelfieMaster」テクノロジーも備えており、セルフィーに特化した製品となっている。

120度の超広角レンズ側は、セルフィーでも背景を広く記録できることに加え、複数人でのセルフィー(ウィーフィー)でも使いやすい。

ZenFone 4 Selfieは、DuoPixel、4K動画といった機能が省かれるなど、ハードウェア機能が抑えられているが、その代わりに低価格化が図られている。ただし、120度の超広角レンズ、ソフトライトLEDフラッシュ、SelfieMasterといった機能はそのまま搭載する。

●12mmの超広角をアピールするZenFone 4
○12mmの超広角をアピールするZenFone 4

ZenFone 4は、リアカメラ側がデュアルカメラ設計を採用する。メイン側にソニー製IMX362センサーを搭載。有効画素数1,200万画素のデュアルピクセルセンサーだ。レンズの焦点距離は35mm判換算25mm、F値はF1.8。サブ側のセンサーの有効画素数は800万画素で、同12mm(画角120度)という超広角レンズを搭載する。

SnapdragonのISPであるSpectra 160と画像処理エンジンSuperPixel Engineに加え、4軸4段分の光学式手ブレ補正も搭載する。ZenFone 4 Selfieと同じく、DuoPixelによる2,400万画素相当での画像記録にも対応するほか、RAW撮影も可能で従来モデルからさらにカメラ機能を追求した製品となっている。

発表会では120度という超広角レンズが強調され、より広い範囲が撮影できることによる新たな写真の楽しみ方が紹介されたほか、他機種に対して5倍の高感度を実現したとして、夜景撮影時の画質がアピールされた。

ZenFone 4 Proは、メイン側がソニー製IMX362センサーを搭載。有効画素数1,200万画素のデュアルピクセルセンサーで、レンズの焦点距離は35mm判換算25mm、F値はF1.7。サブ側にもソニー製IMX351センサーを搭載しており、こちらは有効画素数1,600万画素、焦点距離は同50mm、F1.9となっている。

Snapdragon 835を搭載しており、ISPはSpectra 180。SuperPixel Engineとの併用により、他機種に対して8倍の高感度を実現しているという。

焦点距離25mmと50mmという2つのレンズを切り替えることで、疑似的な光学2倍ズームが利用できる。50mmは標準域のレンズということで、ポートレートモードで疑似的に背景ボケを作って被写体を浮かび上がらせるような撮影が可能だ。同様の機能は今回のZenFone 4シリーズ全体で搭載されている。

なお、今回発表会では触れられなかったZenFone 4 Max Proだが、価格については今後発表されるとのことだった。
(小山安博)

関連記事(外部サイト)