Apple Watch Series 3はなにが変わった? - ワクワク感はiPhone以上かも!

Apple Watch Series 3はなにが変わった? - ワクワク感はiPhone以上かも!

画像提供:マイナビニュース

●セルラー対応だからできること
Appleは9月13日、新モデル「Apple Watch Series 3」を発表しました。日本では9月15日に予約を開始し、9月22日に発売されます。価格は36,800円(税別)から。今回の目玉は、単体で携帯電話通信ができるGPS + Cellular(セルラー)モデルの登場です。

○セルラーモデルでスマートウォッチの可能性がぐっと広がる?

従来のApple WatchはiPhoneと接続させて使うことが前提の設計となっており、Apple WatchからiPhoneを経由してメッセージを送ったり、電話に出たり、通知を受信したりする必要がありました。Bluetoothが届かない距離にiPhoneがあると画面にアイコンが表示され、一部の機能が制限される状態だったのです。

しかし通信可能なSeries 3のセルラーモデルなら、Apple Watch単体でも電話の発信および受信、メッセージの送受信などコミュニケーションが取れ、通信だけでなく人とも「つながり続ける」環境が実現します。

もうひとつは音楽とのつながりが生まれます。Series 2の本体には一度に1つのプレイリストしか保存できず、さらに最大2GBもしくは250曲の制限がありました。しかしSeries 3のセルラーモデルなら、Apple Musicの4,000万曲を手首の上でストリーミング再生できるようになります。

Apple Watchにはイヤホンジャックがないため、通話にしろApple Musicのストリーミング再生にしろ、ワイヤレスイヤホンの使用が必須になります。iPhone 7からイヤホンジャックが廃止され、今回の発表会では純正のワイヤレス充電器が発表されるなど、Appleはデバイスの無線化を進めています。もしすでに手持ちのワイヤレスイヤホンがあるのなら、Apple Watchの通信機能の強みをフルで活かせるはずです。

なおセルラーモデルの発表にともない、キャリア3社がApple Watch Series 3とiPhoneで1つの電話番号を共有できる月額サービスを発表しました。ドコモは月額500円、KDDIとソフトバンクは月額350円(いずれも税別)で、ドコモおよびKDDIは、期日までに申し込むことで6カ月間無料になるキャンペーンを展開する予定です。

「いつも身につけ、いつでもつながる」状況が、新たな用途を生む予感もあります。子どもや高齢者、障碍者が身につけることで、保護者や支援者をサポートしやすくなるかもしれません。

アイデアと工夫次第で、未来の可能性がぐっと広がる製品になったこのワクワク感。これまではその役割をiPhoneが担ってきましたが、今回はApple Watchにバトンタッチした印象を受けました。

●あらためてラインナップを整理。どれを選ぶ?
○Series 2は販売終了、Series 1との2シリーズ展開に

新機能ばかりが注目されていますが、改めて今回のラインナップを整理しておきましょう。今回Series 3が発表となり、2016年9月にiPhone 7と同時発売されたApple Watch Series 2は、残念ながら1年で販売を終了しました。

GPSおよびNFC/Suica未対応のエントリーモデル「Apple Watch Series 1」(税別27,800円〜)は販売を継続。Series 3のGPSモデル、GPS+Cellularモデルとあわせて3機種展開となっています。

Series 3は70%高速になったデュアルコアプロセッサと新しいワイヤレスチップを搭載。Wi-Fi接続が85%高速になり、BluetoothとWi-Fi接続時の電力効率も50%向上しました。気圧高度計の採用により、階段やアップダウンのある屋外のワークアウトなどで、高度の上昇レベルも記録できるようになります。

なお最新OS「watchOS 4」は9月19日公開予定です。

○HermesモデルとNike+モデルもSeries 3に進化

コラボモデルの「Apple Watch Hermes」と「Apple Watch Nike+」も引き続きSeries 3のラインナップに加わりました。Hermesモデルには新作のレザーストラップとAppleがデザインした文字盤が登場。Series 2とはまったく異なった印象を感じさせます。紹介文の「今を生きる人のための究極のツール」という文言がかっこいい。

「Apple Watch Hermes」が"所有する喜び"を満たすモデルなら、Nike+は"最新ラン機能をとことん使い倒せる喜び"をもたらしてくれます。Nike+は4種類のスタイルを用意しており、専用の文字盤も健在。文字盤をタップすることで、直接Nike+ Run Clubアプリを立ち上げることができます。

アプリにはNikeのコーチなどからの音声アドバイスつきのランニング機能が追加され(年内対応)、コーチの編集したサウンドトラックを聞きながら走ることが可能。セルラーモデルならそれらの最新機能をWatch単体で使えるため、身軽にワークアウトに取り組めます。なおApple Watch Nike+モデルは10月5日より限定販売となっています。

無印モデルにEditionモデル、HermesにNike+とすべてのモデルでラインナップが一新もしくは新色追加となり、選ぶ喜びが増えたSeries 3。一方で毎年の発売時期の予想がつくケース(本体)と違い、バンドは予告なく入れ替えられる場合が少なくありません。そのためもしお気に入りのスタイルがあれば、早めに入手することをおすすめします。ああほしかったHermesのドゥブルトゥールのブルー・パン (グリーン)……。

セルラーモデルの登場など、スマートウォッチの新展開を期待させてくれたApple Watch Series 3。今後に注目です。
(らいら)

関連記事(外部サイト)