購入品と捨てた物の数を一元管理

購入品と捨てた物の数を一元管理

円グラフで物の増減を直感的に把握できます

ミニマリストの基本的な考え方のひとつに、「One In One Out」があります。これは、1つ物を増やしたら1つ捨てるという意味。大規模な整理を行い不要な物を片付けても、新たに物を増やしてしまっては、いつまで経ってもミニマリストにはなれないでしょう。この考え方を実行するためには、まず自分が何を持っているのか把握することが必要です。

「ミニマリスト 無料版 - 断捨離アプリ」は、購入した物、捨てた物の数量を記録し、カレンダー形式やリスト形式で表示してくれるアプリ。何をいくつ持っているかを把握できるだけでなく、購入時期を捨てる際の判断材料にしてもよいでしょう。

画面右上の「+」ボタンを押すと、記録をつけることができます。購入したのであれば「入」を、捨てたのあれば「出」を選び、品目名や数量、日時を入力して完了。カレンダーでは、物の増減を数字だけでなく、円グラフの形式で確認できます。月ごとの合計も表示されるので、物を増やしすぎた場合もすぐにわかります。リスト形式では、品目や日時など詳細な情報を見ることができます。

片付け術のスペシャリスト・近藤麻理恵さんの著書によれば、人によって所持品の適正な数は異なるそうです。それを知ることができれば、必要以上に物を増やすことはないでしょう。自分の適正数を知るためにも、このアプリで物の増減を管理してみてはいかがでしょうか。


※コラムの内容は、R25スマホ情報局から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25スマホ情報局では図・表・写真付きのコラムを掲載しております。

関連記事(外部サイト)