追加するなら!今旬なニュースアプリ5選

追加するなら!今旬なニュースアプリ5選

イラスト/本間昭文

スマートフォンでは欠かせない存在となっているニュースアプリ。機種変更しても、お気に入りのニュースアプリを使い続けている人も多いようですが、それではより使い勝手のよい新作アプリを見逃してしまう可能性も…。今回は、世の中の動きをよりシャープにキャッチしたい人にオススメしたい、最新またはアップデートでより進化したニュースアプリを紹介しましょう。

まずは、通常のニュースアプリとあわせて使ってほしい、先日リリースされたばかりの「時事通信社 政治通2017」。日本の国会議員のほか、47都道府県知事や各市区町村長に関する最新情報を提供するアプリです。内閣改造や選挙による閣僚の変更などにも迅速に対応している点が魅力。時事通信が提供する政治関連ニュースもあわせてチェックできるので、政治に詳しくなりたい人は特に役立ってくれるでしょう。

通常のニュースアプリで、目新しいものを探しているならリリース開始時から大きく進化した「ニュース 新聞 雑誌が無料読み放題!天気予報付ニュースアプリ」がオススメ。約100媒体のニュースをまとめ読みできるほか、昨日のニュースの続報を知りたい場合などに重宝する、ひとつの話題に関連するニュースを集めた「話題まとめ」機能が便利なニュースアプリです。

ニュースアプリの中で、もっとも“旬”な存在といえるのが「NewsPicks - ソーシャル経済ニュースアプリ」。経済系の最新記事に強く、上場企業の社長や金融業界の著名アナリストといった「プロピッカー」と呼ばれる識者や「ピッカー」と呼ばれる一般ユーザーが、記事の感想やまとめをしてくれるコメント機能がユニークな特徴となっています。今年5月からスタートしたアプリリニューアルプロジェクトで様々な機能が増設中です。

真面目なニュースだけでなく、暇つぶしや会話のネタにピッタリな話題をたくさん仕入れたいなら「ハマるニュースアプリ Spotlight(スポットライト)」もチェックしておきたいところ。エンタメや雑学、感動系のニュースなどオリジナルの記事を毎日100以上配信している人気ニュースサイトの公式アプリです。アプリ限定の記事も用意されています。

最後に紹介したいのが、スマートフォンやデジタル家電などIT関連の最新情報をチェックしたい人に最適な「IT専門ニュース - ITmedia for Android」。アイティメディアが運営する全17媒体のニュースを、ジャンル別にまとめてチェックできるニュースアプリです。iOS版(for iPhone/iPad)は、Apple Watchにも対応し、より使い勝手が向上しました。

ジャンルや特徴、扱う記事の方向性が違うニュースアプリを複数活用すれば、様々な角度からニュースを理解できるようになるはず。これまで1つのニュースアプリしか使ってこなかった人も、この機会にこれからのアプリをお試しください。


※コラムの内容は、R25スマホ情報局から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25スマホ情報局では図・表・写真付きのコラムを掲載しております。