大人の秋を満喫 「和グルメ」アプリ5選

大人の秋を満喫 「和グルメ」アプリ5選

イラスト/藤田としお

「旬」を大切にする繊細さや味わいの複雑さに加え、ヘルシーとされることから世界的に人気が高まり、ユネスコ無形文化遺産にも登録された「和食」。年を重ねれば重ねるほど、あらためて和食の魅力にハマってしまったという人も多いと思います。今回は、「和食」をより楽しむために役立つ学習系のアプリを紹介しましょう。

まず紹介したいのが、人気料理研究家の土井善晴氏がプロデュースする「土井善晴の和食」。土井氏による旬の食材を使ったレシピが毎週配信されるだけでなく、和食を知る上で欠かせない基礎知識も満載。自分で美味しい和食をつくりたい人はもちろん、さらに美味しく味わいたい人にもうってつけの内容となっています。

会食の場で一目置かれる、“正しい”和食のマナーを身につけたい人には「日本人なら知っておきたい!和食のマナー 豆知識 雑学クイズ」がオススメ。○×クイズ形式で、和食のマナーを楽しく学ぶことができます。なぜ、そのような振る舞いをしなければならないのかという理由がしっかり解説されている点も魅力といえるでしょう。

酒好きな大人にとって、和食を楽しむ上で欠かせない存在ともいえるのが日本酒。中田英寿氏が監修した「Sakenomy - 日本酒を学んで自分好みを探す」を使えば、自分の好みにあった日本酒を見つけたり、上手な酒と肴の組み合わせ方をおぼえたりすることができます。飲んだ日本酒の情報を投稿すれば、そこからオススメの銘柄をレコメンドしてもらうことも可能です。

和食や和菓子を楽しんだ後には、美味しい日本茶で一服したいもの。至福の一杯を追求するなら「宇治茶情報 お茶なび」で、ベストな日本茶の淹れ方を学んでみてはいかがでしょう。煎茶、玉露、氷だしなど種類別の解説動画が参照できるだけでなく、日本茶に関する基礎知識を学ぶこともできます。

最後に紹介するのは、マニアックな愛好家とも対等に渡り合える「お蕎麦」に関するウンチクを身につけることができる「そば『通』 デキる人検定」。すべての問題に答えることができるようになれば、お蕎麦屋さんで「通」として一目置かれるかもしれません。

秋から冬は、特に美味しい和食が登場する季節。お店巡りをしたい人も、自分で料理をしたい人も、これらのアプリを使い知識を深めれば、今まで以上に「和食」を楽しめるようになるのではないでしょうか。


※コラムの内容は、R25スマホ情報局から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25スマホ情報局では図・表・写真付きのコラムを掲載しております。

関連記事(外部サイト)