Lightningコネクタ直結のノイズキャンセリングイヤホン

Lightningコネクタ直結のノイズキャンセリングイヤホン

ボディカラーはブルー、ブラック、レッド、ティールグリーンの4色。S/M/Lサイズのスタビライザーとイヤチップ、キャリングケースが付属

毎年恒例、秋のiPhone発表会で新たにiPhone 7シリーズがデビューしました。防水仕様やFeliCa搭載など話題は盛りだくさんですが、中でも驚いたのは3.5mmのイヤホンジャック廃止ではないでしょうか。

一応、Lightningコネクタに直接接続できるイヤホンと、従来のイヤホンジャックに変換するアダプターも同梱されてはいますが、多くのユーザーは衝撃をもって受け止めた様子。

さておき、そんなイヤホンジャック廃止を見越してか、いちはやく(iPhone 7発表前に!)Lightningコネクタ直結のイヤホンとしてリリースされたのがJBL『REFLECT AWARE』です。しかも単なるカナル型イヤホンではなく、ノイズキャンセリング(NC)機能付き。

これまでのNCイヤホンは、有線のものはバッテリーボックスがついていたり、ワイヤレスのものは別途充電が必要でした。しかしREFLECT AWAREはLightningに直結することでバッテリーをiPhone側から供給。つまり、NCイヤホンながら、邪魔なバッテリーユニット部がなくなったというわけです。

イヤホンの音質は大口径14.6mmの新開発ドライバにより、JBLならではの重低音を響かせるタイプのもの。また、NC機能をON/OFFする無料アプリ「My JBL Headphone」を使えば、環境音の聞こえやすさをHigh/Medium/Lowから調節ができるほか、イコライザーで自分好みの音に仕上げることも可能です。

ただ、肝心のNC効果はかなりマイルドめ。「環境音もあるていど流しながら音楽を安全に聴く」という方向に振っているように感じられました。

ともあれ、新しいiPhone 7を購入するなら──Bluetoothイヤホンとともに──誰もが一度は検討するであろうLightningイヤホン。その候補の中にNC機能付きのREFLECT AWAREを加えてみてはいかがでしょうか。

(熊山 准)

『REFLECT AWARE』(JBL/価格:1万9880円)


※コラムの内容は、R25スマホ情報局から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25スマホ情報局では図・表・写真付きのコラムを掲載しております。

関連記事(外部サイト)