知的な会話や文章を!語彙力UPアプリ5選

知的な会話や文章を!語彙力UPアプリ5選

イラスト/沼田健

同じ内容を伝えるのにも、言葉を選ぶことで微妙なニュアンスを加味したり、相手への経緯や配慮の意を表現したりできるもの。様々な立場の人とコミュニケーションをとる機会が多い社会人としては、なるべく多くの言葉を使い分けることができる「語彙力(ボキャブラリー)」を身に付けたいところでしょう。今回は、一目置かれる“知的な”ビジネスパーソンを目指す人の味方となる、語彙力アップに役立つアプリを紹介しましょう。

まずは、自分の語彙力がどれくらいのレベルなのかを知るために役立つ「語彙力診断 FREE」から。四字熟語やことわざなど総合的な語彙力の診断ができるほか、語彙力を高めるためのコンテンツも多数収録されている便利なアプリです。手書き入力に対応しており、書き取りの練習ができる点も特徴となっています。

微妙なニュアンスを伝えたい場合に役立つのが、類語や同義語の知識。「Weblio類語辞典-同義語や関連語・対義語や反対語を検索」を使えば、簡単にたくさんの類語や同義語を見つけることができます。会話はもちろん、ビジネス文書やフォーマルな文書を作成する際に重宝するのではないでしょうか。

ビジネスシーンで身に付けておきたいボキャブラリーの中で、特にプライオリティが高いものといえば、なんといっても「カタカナ言葉」。クイズ形式の「カタカナビジネス用語 問題集」で楽しみながらインプットすれば、リテラシー豊かなパーソンとしてプレゼンスがアップすることでしょう。

とはいえ語彙力のベースとなるのは、やっぱり確かな国語力。20以上のジャンルで全4500問という圧倒的なボリューム感が魅力の「国語力クイズ 4500問〜無料国語学習アプリの決定版」があれば、スキマ時間を有効に使い国語力を磨くことが可能。際限なく問題を解き続けることができるしくみになっているので、じっくり学びたい人にも最適です。

最後に紹介するのは、続々と登場する様々なジャンルの新語や流行語をキャッチアップするのに便利な「月額170円!! 現代用語の基礎知識2016 〈月額版〉」。言葉の意味はもちろん、それが生まれた背景なども詳しく解説されており、語彙力だけでなく社会に対する理解度も高まるのではないでしょうか。

語彙力を高めることで、一目置かれる大人になれるだけでなく、より円滑なコミュニケーションをとることができるようにもなるはず。自分の意図や気持ちを正しく、スマートに伝えるため、これらのアプリを活用してくださいね。


※コラムの内容は、R25スマホ情報局から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25スマホ情報局では図・表・写真付きのコラムを掲載しております。

関連記事(外部サイト)