秋の夜長に楽しむ「お笑いアプリ」5選

秋の夜長に楽しむ「お笑いアプリ」5選

イラスト/奈良裕己

長雨で、自宅に引きこもりがちな秋。しっとりと読書や芸術を楽しむのもよいですが、お笑い動画を観たり、芸人のラジオを聴いたりして憂鬱を吹き飛ばすのはいかがでしょうか。今回は、スマホで気軽にお笑いを楽しむためのアプリを紹介します。

まずは、深夜ラジオから。テレビよりもマイナーですが、だからこそ芸人のフリーダムな発言や、意外な一面を知ることができるはず。「radiko.jp for Android (無料)」なら、インターネットを通じて、クリアな音質でラジオを堪能することができます。月額350円のプレミアム会員に登録すると、エリア外のラジオ局を聴くことも可能です。

深夜ラジオをリアルタイムで聴くのは厳しいという人は、「ポッドキャスト」を利用して聴いてみてはいかがでしょうか。「有名人お笑いラジオ おわラジ」は、ネット上にアップロードされているラジオ番組をいつでもどこでも聴くことができます。音声データはストリーミング再生ですぐに聴けるので、ちょっとしたスキマ時間にも楽しめますね。

2008年、オフィス北野の芸人・マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオという3人が始めた自主制作のポッドキャスト番組が、TBSラジオに場所を移し人気となっているラジオ番組『東京ポッド許可局』。同番組の公式アプリでも、番組のポッドキャストを楽しむことができます。クセのある3人のトークを堪能してみては?

関東ではあまり知られていませんが、チュートリアルの徳井義実、ランディーズ中川貴志、吉本新喜劇のすっちーによるトークライブ「ぎおん三羽ガラス」は、非常に人気のイベント。チケット入手困難なこのライブの様子の一部は、公式アプリ「【無料】ちょっとオトナなトークアプリ」で見ることができます。お笑い好きの人は、ぜひチェックしてみてください!

最後に紹介するのは、アプリ「Amazonビデオ」。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の芸人の単独ライブが見られる「よしもとお笑いセレクト」や、人気番組『内村さまぁ〜ず』など、実はお笑い番組が満載のこちらのサービス。番組をダウンロードすることも可能で、ダウンロード後は通信できない場所でも楽しめます。

秋の夜長、これらのスマホアプリを利用して、お笑いを嗜んでみてはいかがでしょうか。


※コラムの内容は、R25スマホ情報局から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25スマホ情報局では図・表・写真付きのコラムを掲載しております。

関連記事(外部サイト)