無料で使える「Adobe製アプリ」5選

無料で使える「Adobe製アプリ」5選

イラスト/西アズナブル

本格的なイラスト作成や写真加工の分野で、PCアプリケーションのなかでは長い間定番の存在となっているAdobe製品。デザイナーやカメラマンが愛用する、プロ向けのツールをリリースするメーカーという印象が強いですが、実はスマートフォン向けアプリも多数リリースしており、その多くが無料で利用できることを知っているでしょうか? 今回は、初心者でも簡単に本格的なイラスト作成や写真加工ができるAdobe製アプリを紹介しましょう。

まずは、写真編集アプリの「Adobe Photoshop Express」から。コントラストや露光量、ホワイトバランスを自動的に最適化してくれる自動補正のほか、撮った写真をより美しくするための編集機能を多数備えたアプリです。レンズのほこりなどが原因となる写真の傷や汚れを除去する機能があるのも、スマートフォンで写真を撮る人にはうれしいところでしょう。

写真の加工や編集ができるアプリはたくさんリリースされていますが、その中でも意外と充実していないのが写真の切り抜きや合成に関する機能。「Adobe Photoshop Mix」を使えば、PCで加工したかのようにきれいな切り抜きや合成が簡単に行えます。

絵を描くのが得意な人は「Adobe Illustrator Draw」を試してほしいところ。最大10層のレイヤーが指定できるなど、かなり高度な機能を備えた描画アプリです。様々な形状の「定規」を使うことで、直線や複雑な曲線を簡単に引けるほか、写真取り込みにも対応しているなど、初心者にも使いやすいアプリとなっています。

動画編集で強力な味方となってくれるのが「Adobe Premiere Clip」。複数の動画をつなぎ合わせたり、画面切り替えの効果を付けたりといった編集作業が直感的に行える点が魅力のアプリです。映像と音楽がきれいにシンクロした動画が自動作成できる機能も用意されています。

最後に紹介するのは、これらのAdobe製アプリをもっと活用したい人にオススメの「Adobe Capture CC」。スマートフォンで撮影した写真、または保存されている画像からカラーパレットやテクスチャ(模様)など、他のアプリで利用できる“材料”を作成するためのアプリです。もちろん、PC向けアプリとも連携できるので、ビジネスでも役立つのではないでしょうか。

利用する際に「Adobe ID」(無料登録可能)が必要なアプリもありますが、今回紹介しているアプリは、ほとんどの機能が無料で利用可能。普段使っている写真加工やイラスト作成アプリに物足りなさを感じているなら、ぜひお試しください。


※コラムの内容は、R25スマホ情報局から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25スマホ情報局では図・表・写真付きのコラムを掲載しております。

関連記事(外部サイト)