付近の騒音レベルを把握する“騒音計アプリ”

付近の騒音レベルを把握する“騒音計アプリ”

騒音レベルの推移をグラフで把握することも可能

車や電車の音、工事現場の作業音など、生活の中には様々な騒音が存在しているもの。慣れてしまえば気にならないレベルでも、仕事に集中したいときや就寝時に余計な騒音があるのは、やはり困りものです。とはいえ、実際に普段よりどれくらいうるさくなっているのか、具体的に把握する機会は少ないのではないでしょうか。そこで役立つのが「騒音測定器 (Sound Meter)」。スマートフォンを簡易騒音計にするためのアプリです。

使い方は簡単で、アプリを起動するだけ。スマートフォンのマイクが拾った音の大きさがメーターで表示されます。音の大きさの推移が折れ線グラフで表示されるモードのほか、「Quiet library, Bird calls(静かな図書館、鳥のさえずり)」「Consert , Screaming child(コンサート会場、赤ちゃんの泣き声)」など騒音レベルをシチュエーションで教えてくれるモードも。英語表示ですが、難しくはないので中学生レベルの英語力でも意味を理解することができるでしょう。明るいところでも見やすいように、背景色を変更することも可能です。

なおスマートフォンのマイクを利用している関係上、機種によって測定結果が変わるほか、精密な測定には向いていない点には注意が必要。測定誤差をある程度補正できるキャリブレーション機能も用意されていますが、測定結果はあくまでも参考程度にしておいた方がよいかもしれません。


※コラムの内容は、R25スマホ情報局から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25スマホ情報局では図・表・写真付きのコラムを掲載しております。

関連記事(外部サイト)