都会の喧騒にオサラバ!「静か」を支援するアプリ

都会の喧騒にオサラバ!「静か」を支援するアプリ

イラスト/本間昭文

通勤時間や仕事の合間の休憩中。リラックスしたいのに、周囲の騒音が邪魔をしてかえってストレスが溜まってしまったという経験がある人も多いはず。電車や自動車の騒音、店舗のスピーカーから流れる宣伝など、様々なノイズが飛び交う都会では、静寂を求めるのも難しいもの。そこで今回は、ひとときの静けさを得るために役立つアプリを紹介しましょう。

まずは、自分の身の回りにどれだけの騒音が存在しているかを把握することから。「騒音測定器 (Sound Meter)」を使えば、簡単に周囲の騒音を測定することができます。「図書館の中」「コンサート会場」など騒音レベルの目安もわかるので、許せる範囲の静かな場所を探すのにも役立つでしょう。

電車やバスの中のように、どうしても騒音が多い場所で静けさを求めるなら、ヘッドフォンを装着し、リラックスできる音楽を聴くのがいちばん。「UrbanDenoiser Player」を使って再生すれば、ノイズキャンセリング機能がないヘッドフォンでも、周囲の騒音を低減するノイズキャンセリング効果を得ることができます。

都会の騒音は、仕事中にも邪魔なもの。喫茶店のように周囲のノイズが気になる場所で打ち合わせをするとき、相手の発言を聞き逃すかもしれないと心配になったら、「Mighty Recorder無料ノイズ除去ボイスレコーダー」を使いましょう。優れたノイズ低減機能を備えたボイスレコーダーアプリです。これを使えば、現場で聴いたよりもクリアな状態で打ち合わせ内容の確認ができるのではないでしょうか。

カーオーディオにスマホを繋ぎ、自動車で音楽を聴く人には「速度に合わせて音量調整」もオススメ。速度にあわせて端末のボリュームを調整してくれるので、高速を走っているときでも音楽が聴き取れるようになります。設定次第では、電車移動でも重宝しそうです。

最後に紹介する「『耳で飲むお薬』 by meditone(R)『癒し』『睡眠』」は、都会の騒音で疲れた心を癒やしてくれるサウンドを収録したヒーリングアプリ。「ストレス軽減」「集中力アップ」など、具体的な目的別に作成されたサウンドが多数収録されています。「音」から逃げるのではなく、「音」を積極的に活用してみるとよいでしょう。

本当の静けさを求めるなら、都会を離れるのがいちばんなのでしょうが、忙しい毎日を過ごしていれば、それも難しいもの。アプリの助けを借りて少しでも騒音を軽減し、快適な毎日をお過ごしください。


※コラムの内容は、R25スマホ情報局から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25スマホ情報局では図・表・写真付きのコラムを掲載しております。

関連記事(外部サイト)