男女別「マッチングアプリ」でチェックするポイントTOP5

男女別「マッチングアプリ」でチェックするポイントTOP5

マッチングアプリで「成果を上げられた」と回答したのは、男性が57.4%、女性が44.2%。うまくいかなかった女性からは、「体目当ての人がいた」(32歳)との理由も写真:NOBU / PIXTA(ピクスタ)

最近は、出会いのツールのひとつとして珍しくなくなった「マッチングアプリ」。結婚まで辿り着くケースも珍しくないという。そこで気になるのは、マッチングアプリの情報のなかで、男女はお互いにどこを重点的に見ているのか、ということ。マッチングアプリを利用したことがある独身男女221人へのアンケート調査で、その真相に迫った。(R25スマホ情報局調べ/協力:ファストアスク)

●マッチングアプリを利用するとき、異性の何にまず目がいく?
(8項目の中から1〜3位の順で選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計)

【男性】
1位 顔 205pt
2位 年齢 131pt
3位 趣味 82pt
4位 職業 58pt
5位 身長などの体型 56pt
5位 年収 56pt

【女性】
1位 顔 179pt
2位 年齢 123pt
3位 年収 114pt
4位 職業 70pt
5位 趣味 66pt

1位と2位は、男女ともに「顔」「年齢」の順。「会うときに顔が分からないと不安だから」(26歳・男性)、「顔である程度清潔感とかわかる」(36歳・女性)など、男女ともに「顔」を相手選びの基準にしている人が多いようだ。とはいえ、ポイント数を見ると「顔」を重視しているという人は、女性に比べて男性の方が多い様子。

その理由としては、「判断基準が顔だから」(28歳・男性)「外見が全てだから」(23歳・男性)など、“とにかく顔さえよければいい”というストレートなコメントが多々。一方、「第一印象は大事なので」(29歳・女性)、「内面を知らないからまず顔から」(24歳・女性)と、女性は顔とともに全体の雰囲気を感じ取ろうとしている様がうかがえるコメントが目立った。

しかし、最近の写真加工アプリは、加工されていると気がつかないくらい自然なものもある。「アイコンが詐欺写メで騙された」(23歳・男性)という失敗談も少なくないようで、女性のプロフィール写真を鵜呑みにしすぎるのは少々危険かもしれない。

また、女性の項目で特徴的なのは、男性の倍のポイントを集めた3位の「年収」。「本気なので、結婚した時を考えて」(25歳・女性)、「交際して結婚する可能性があるならすこしでも手堅い収入がある人がいいから」(32歳・女性)と、将来を考えるからこそ妥協できない項目として挙げているようだ。

さらに、「身長などの体型」は男性が5位だったことに比べ、女性はランク外と体型にはあまり目がいかないという人が多い。高身長の男性が有利となることが多いお見合いパーティーや合コンなどに比べ、マッチングアプリにおいてはプロフィールに身長を記載することはあっても、身長の差を体感するのはやり取りを繰り返した後の、直接会った時から。ランキング結果からもわかるように、身長で恋愛対象から外されることは少ないので、身長にコンプレックスがある男性にとってマッチングアプリは好都合といえそうだ。

3位で、男女の項目に差が出た今回の調査。「顔」「年齢」は当たり前の項目として押さえつつ、次に気にしているのはどの項目なのか、男女ともに参考にしてみてはいかがだろうか。

(熊谷彩香/かくしごと)


※コラムの内容は、R25スマホ情報局から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25スマホ情報局では図・表・写真付きのコラムを掲載しております。

関連記事(外部サイト)