GPS機能を使って交通費精算を簡単に!

GPS機能を使って交通費精算を簡単に!

ボタンを押すだけで乗降駅を指定できる簡単さが魅力

移動が多いビジネスパーソンの日常業務で、特に煩雑なのが交通費の精算。専用のアプリもいくつかリリースされていますが、乗車駅と降車駅を手入力で指定するタイプでは、手帳にメモするのと手間があまり変わらないのが不便なところでしょう。そこでオススメしたいのが、「営業マン必須!交通費ノート」。端末のGPSを使い、手入力の手間を省略できる交通費記録アプリです。

使い方はとても簡単。乗車駅または降車駅付近でアプリを起動し「ここで乗車(降車)する」ボタンをタップすれば、自動的に駅名が指定され、ログを残すことができる状態になります。Yahoo!路線情報を利用し、指定した区間の運賃を調べることができるようになっている点も便利なところ。片道、往復の指定もできるので往復利用の場合は、一度登録するだけで往復分のログも可能です。交通費の精算が済んでいるかどうかの記録も併せて付けられる点もよいところでしょう。

交通費の記録を指定の書式で利用したり、エクセルで加工したりできるよう、ログをCSV形式でエクスポートできる点も親切。記録されている全期間だけでなく、指定した期間や未処理のものだけなど、様々な条件でエクスポートできるので、目的に合わせてデータを取り出せるようになっています。交通費の記録や精算が面倒な人は、このアプリを活用してみてはいかがでしょう?


※コラムの内容は、R25スマホ情報局から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25スマホ情報局では図・表・写真付きのコラムを掲載しております。

関連記事(外部サイト)