GPS機能で「距離・面積」を簡単測定!

GPS機能で「距離・面積」を簡単測定!

地図上をタップするだけで簡単に距離や面積が測定可能

不動産関連の仕事をしている人以外でも、土地や建物の面積や、建物までの距離を知りたい場合はあるもの。面積に関する資料がない場合は、地図を使って自分で面積を計算しなければなりませんが、計算が苦手な人ならこの作業はかなり面倒でしょう。そこで重宝するのが、「GPSで面積」。端末のGPSで取得した位置情報をもとに距離や面積の計算をするアプリです。

基本的な操作は、画面に表示された地図の、測定したい地点(または「現在地にマーク」ボタン)をタップするだけ。2点以上タップすることで地点同士を結んだ距離が測定され、さらに「面積を計算」ボタンをタップすることで、地点を囲んだ面積が測定されます。目的にあわせて距離や面積の単位が切り替えられるようになっているのが便利なところ。なお、地図はGoogleマップを利用しており、地形図や航空写真を表示させることも可能です。

特にユニークなのが、トラッキング機能を装備している点。指定した間隔で自動的に現在地を記録し、距離や面積を測定することができるようになっています。この機能を使えば、ランニングやウォーキングの成果が記録できるだけでなく、敷地の面積を大まかに知ることもできるでしょう。なお、Android OS6.0以上の場合は、アプリの権限で位置情報をオンにする必要がある点に注意が必要。トラッキングができない場合は、端末の「設定」−「アプリ」−「GPSで面積」−「権限(許可)」をタップし、「位置情報」と「ストレージ」をオンにしてください。


※コラムの内容は、R25スマホ情報局から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25スマホ情報局では図・表・写真付きのコラムを掲載しております。

関連記事(外部サイト)