ビジネスで使える!GPS機能活用アプリ5選

ビジネスで使える!GPS機能活用アプリ5選

イラスト/大串ゆうじ

最寄りの施設を探したりルート検索を行ったりする際に欠かせない、スマートフォンのGPS機能。最近では、営業スタッフの行動を把握するなどビジネス用途でもGPSを活用したアプリが登場しています。今回は、そうしたGPSを使ったアプリのなかでも、より身近に活用できるビジネス向けアプリを紹介しましょう。

まず紹介したいのが、登録したメンバーの現在地をほぼリアルタイムで把握できる「LINE HERE」。プライベートで使うイメージが強いLINEですが、こちらのアプリでは地図上でメンバーの現在地をすぐに把握できるので、待ち合わせはもちろん展示会のような大きいイベントで分担作業をする際にも役立ちます。

自動車での移動が多い人なら「Smart.Park 最安 空車 駐車場検索アプリ」もオススメ。現在地のほか、目的地周辺または目的地までのルート上にある駐車場について、料金や空き状況など様々な条件で検索できるスグレモノです。駐車料金の目安がわかるメーター機能もあるので、うっかり超過料金を支払うことになる心配も減りますね。

ビジネスパーソンの日常業務で特に面倒な交通費の精算を援けてくれるのが「営業マン必須!交通費ノート」。乗車駅と降車駅でボタンをタップするだけで、駅名が記録できるほか、交通費の計算も簡単に行えます。もちろんCSV形式でデータを取り出すことも可能。エクセルで交通費の整理をしたい場合にも重宝するでしょう。

GPSを利用したビジネス向けアプリの中でも、意外な実力者として紹介したいのが「現在地の住所・郵便番号検索」。ボタンをタップすると、現在地の住所と郵便番号を教えてくれるだけというシンプルなアプリですが、待ち合わせの際に相手に現在地を教えたり、商談に出かけた会社へ別途資料を郵送するため住所と郵便番号を確認したりと、様々な用途に役立ってくれるアプリです。

最後に紹介する「GPSで面積」は、名前の通りGPSを利用し指定した範囲の面積や距離を測定するためのアプリ。測定したい施設や土地の周囲を一周歩くだけで面積や外周の長さがわかるトラッキング機能が特徴となっています。地図上の2点以上をタップすることでも距離や面積がわかるので、離れた場所を測定したい場合にも役立ってくれるでしょう。

待ち合わせから簡単な測量まで、スマートフォンの利便性をさらに高めてくれる、GPSを活用したビジネス向けアプリ。路線検索や付近のラーメン店を探すときくらいしかGPSを活用していなかった人は、この機会にぜひGPSの便利さを再発見してください。


※コラムの内容は、R25スマホ情報局から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25スマホ情報局では図・表・写真付きのコラムを掲載しております。

関連記事(外部サイト)