ドコモ、最大100GBの定額パック「ウルトラパック」発表!ソフトバンク、auに対抗

ドコモ、最大100GBの定額パック「ウルトラパック」発表!ソフトバンク、auに対抗

NTTドコモ 代表取締役社長に就任した吉澤和弘氏

 NTTドコモは13日、料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」に大容量のデータ定額パック「ウルトラパック」を新たに追加することを発表した。

 「ウルトラパック」には、1人用の「ウルトラデータLパック」(月額6,000円/20GB)、「ウルトラデータLLパック」(月額8,000円/30GB)のほか、家族でデータをシェアできる「ウルトラシェアパック50」(月額16,000円/50GB)、「ウルトラシェアパック100」(月額25,000円/100GB)を用意。また、法人向けの「ウルトラビジネスシェアパック50」(月額16,000円/50GB※上限20回線)、「ウルトラビジネスシェアパック100」(月額25,000円/100GB※上限30回線)もラインナップされる。

 「ウルトラパック」では、余ったデータ容量の翌月繰り越しが可能。テザリング利用は、別途月額1,000円がかかるが、2018年3月末まで無料キャンペーンを実施する予定だという。「ずっとドコモ割」も適用となる。

 「ウルトラデータLパック」「ウルトラデータLLパック」は14日より、「ウルトラシェアパック50」「ウルトラシェアパック100」「ウルトラビジネスシェアパック50」「ウルトラビジネスシェアパック100」 は23日より提供開始となる。

 大手キャリアによる大容量のデータ定額サービスは、まずソフトバンクが8日に「ギガモンスター」を発表。その翌日、KDDIが同様に「スーパーデジラ」を発表しており、ドコモがどのように追随するのかに注目が集まっていた。

関連記事(外部サイト)